« 今朝の時事放談(TBS)~野田佳彦(元総理)に、精彩なし | トップページ | 人生七十古来稀なり(古稀) »

2016年10月31日 (月)

日本の政治課題~沖縄米軍基地(国防)、TPP(自由貿易)、拉致(国家主権)、原発(エネルギー環境)

最近の政治報道を観ると、安倍晋三総理大臣よりも、小池百合子東京都知事の方が目立っている。

国政より都政の方が目立ちすぎだ。

五輪競技会場の候補地問題、豊洲市場の安全性問題、東京都政の伏魔殿問題、等・・・どれも、結論は出ていない。

そんな中、小池政治塾が発足した。

大いに期待したいが、『希望の塾』発会式の小池塾長挨拶は、意外と月並みだった。

「・・・一つだけ無いものがある。それは希望だ」

どこかで聞いた様なセリフだ。(有能な側近ブレーンがいないのか?)

国政より都政の方が目立ち過ぎだが、その責任の一端は、野党第一党の民進党(蓮舫代表)にある。

国政の最重要政治課題は、次の4つである。

①沖縄米軍基地問題(日本の安全保障)

 何故、米軍基地が必要か?というのが核心であるが、沖縄マスコミは「機動隊員の差別発言」を取り上げているが、中国の海洋侵犯の実態については報道せず。「沖縄差別」という矮小化が目立つ。

②TPP問題(自由貿易・外交)

 TPPは、「農業問題」ではなく、全体として、自由貿易と国益のバランスの問題である。だが、民進党は党利党略の議論が目立つ。

③拉致問題(国家主権)

 拉致問題とは、北朝鮮と日本国内の工作員による、罪もない日本人を拉致した「国家犯罪」である。国家主権が侵されているという日本国民共通の課題でもある。

④原発問題(エネルギー環境)

 原発を語る時、非科学的で、感情的な議論(風評被害もその結果)が多い。

=====================

|

« 今朝の時事放談(TBS)~野田佳彦(元総理)に、精彩なし | トップページ | 人生七十古来稀なり(古稀) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64423662

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政治課題~沖縄米軍基地(国防)、TPP(自由貿易)、拉致(国家主権)、原発(エネルギー環境):

« 今朝の時事放談(TBS)~野田佳彦(元総理)に、精彩なし | トップページ | 人生七十古来稀なり(古稀) »