« 女の闘い(小池都知事VS蓮舫代表)とは、笑止千万! | トップページ | 「政府、平成30年譲位を視野」(10月18日読売朝刊) »

2016年10月16日 (日)

我が故郷、北海道

北海道新幹線の効果で、今年は北海道観光が増えているという。

北海道出身の小生としては、嬉しい。

ニュースで「紅葉」の話題が出ると、「北海道の紅葉に優るものはない」といつも思う。

そんな訳で、秋になると我が故郷、北海道を思い出す。

☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆

≪漢詩鑑賞≫

蜀道(しょくどう)にて期(き)に後(おく)る (張説ちょうえつ

客心争日月  客心(かくしん)日月と争う

来往預期程  来往(らいおう)(あらかじ)め程(てい)を期(き)

秋風不相待  秋風(しゅうふう)相待たず

先至洛陽城  先(ま)ず至(いた)る洛陽城

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅人の心(客心)は、日月の流れと速さを競う(日月と争う)かのようにせきたてられる。

というのも、往復の日程(来往)を前もって(預め)決めておいた(程を期す)からなのだ。

ところが、秋風は旅人を待たず。

ひと足先に洛陽の町についてしまった。

=============

蜀道(しょくどう)とは、蜀の桟道といわれる険しい道で、都の長安から蜀(四川省)へ通ずる。旅人は、洛陽に向っていた。

日本の紅葉前線は、北から南へと移るが、中国大陸の秋風は、西から東へと吹く。

即ち、蜀から洛陽に向って吹く。

秋風が、作者よりも、先に洛陽についてしまった・・・という。

旅人の焦る気持ちと、季節の移ろいの速さを表現している。

==============

扨て、これからGGは、千葉の街へ散歩に出かけよう!(笑)

|

« 女の闘い(小池都知事VS蓮舫代表)とは、笑止千万! | トップページ | 「政府、平成30年譲位を視野」(10月18日読売朝刊) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64355481

この記事へのトラックバック一覧です: 我が故郷、北海道:

« 女の闘い(小池都知事VS蓮舫代表)とは、笑止千万! | トップページ | 「政府、平成30年譲位を視野」(10月18日読売朝刊) »