« ≪漢詩鑑賞≫去者日以疎(去る者は日に以て疎し)・無名氏 | トップページ | 天皇の「お気持ち」と国民の「理解」~此処に日本人の日本人たる所以がある »

2016年9月 3日 (土)

日本人と日本国籍は違うのです

今朝、『ウエークアップ』(日テレ)で、民進党の代表選挙候補者が出演していた。

蓮舫、前原、玉木の3氏が、喋っていたが、今更だが〝心に響く″ような主張は無かった。

特に、蓮舫の喋りは、「誇張」「妄想」「誤魔化し」に満ちていて嫌悪感しか感じない。

辛坊氏の、「(蓮舫氏自身の)二重国籍の疑惑」についての質問にも、「私は日本人だ!」と強調していた。

だが、「二重国籍の疑惑」については、明確な回答はない。ただ、意図的に「諸外国の国籍問題」にスリカエようとしていた。

辛坊氏が、「巷間言われている疑惑は、ガセネタなのですね」と、話題を変えた。

「諸外国の国籍問題」はどうであれ、ここ・・・日本国なのだから、日本の国会議員は、日本国の法律を守るべきである。

「台湾国籍」は、どうしたのか?何故、「蓮舫」だけで、姓を名乗らないのか?

芸能人ではなく、日本国の政治家(総理大臣を目指す?)なのだから、明確に答えるべきである。答えに、10秒もかからないだろうに・・・。

民進党としても、明確にさせる責任があるのではないか?

蓮舫氏の「発言」の中に、彼女の「歪んだ国家観」が垣間見える。

「私は日本人」と主張するが、「日本人」と「日本国民」は違うのである。

日本人という場合、日本人の<魂>を持っているかどうかである。

その<魂>が正常に作用すれば、自然と日本国に対する<愛国心>となる。

そのような日本人の<魂>をもっているかどうかの判別は、ネイテイブな日本人ならすぐ分かる。

この事は、「外国人差別」とは違う。

<愛国心>は、日本人のアイデンテイテイの問いかけなのである。

だから、蓮舫氏が日本国の「国籍」を取得したとしても、それが「私は日本人」とは言えない。

日本が「嫌い」でも、一定の要件さえ満たせば、日本国籍を取得できる。

蓮舫氏が、「台湾国籍」を捨てたかどうか?本当のところは知らない。

だが、そもそも、日本人の魂を持たない(政治家の)蓮舫氏が、「私は日本人」と言い事自体に、彼女の「歪んだ国家観」が垣間見える。

そんな主張だった。

==================

|

« ≪漢詩鑑賞≫去者日以疎(去る者は日に以て疎し)・無名氏 | トップページ | 天皇の「お気持ち」と国民の「理解」~此処に日本人の日本人たる所以がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64152301

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人と日本国籍は違うのです:

« ≪漢詩鑑賞≫去者日以疎(去る者は日に以て疎し)・無名氏 | トップページ | 天皇の「お気持ち」と国民の「理解」~此処に日本人の日本人たる所以がある »