« 「安全神話」の前に、「情報公開」の徹底を!~豊洲新市場問題 | トップページ | 拉致被害者救出の為に、今こそ国民は安倍総理・加藤大臣を中心に結束しよう »

2016年9月16日 (金)

党首に蓮舫氏を選んだ民進党に、魂の凍るような寂寥感を感じている

昨日、NHKテレビを見ていた。

民進党代表選挙の候補者立会演説から投票~開票の結果、そして当選者の「決意表明」が中継された。

他にも重要ニュースがあるのに、民進党、代表選挙の模様がノーカットで延々淡々と放映していた。

ともあれ、開票結果は、他の候補(前原・玉木)に大差をつけての蓮舫氏の圧倒的勝利となった。

この瞬間、私は「魂の凍りつくような寂寥感」を感じた。

下馬評では、「(蓮舫優位だが)二重国籍問題」等の為に、党内に波紋が広がったという見方があった。

結果は「党員・サポーター・国会銀」の全てでダントツで、一回の投票で決まった。

即ち、「二重国籍問題」で、党内には、波紋しかなかった。

壇上の責任者が、「審査の結果、蓮舫氏は党首としての資格に問題ない」と発表していた。

「党首としての資格に問題ない」の言葉に、私は、もう一度、驚いた。

「(蓮舫氏の)二重国籍問題」とは、何が問題だったのか?

それは、法律違反がどうか?ではなく、「蓮舫氏個人の資質・言動」が問題なのである。

①「(国会議員でありながら)国家・国籍に対する認識不足」

②「誤魔化し・嘘が多く、説明が二転三転した」

某メデイアは、蓮舫党首と小池百合子知事とを並べて、「女性の活躍」と持ち上げていたが、そういう(女性の活躍という)問題ではないだろう。

(私の個人的見解だが)小池氏と蓮舫氏では、明らかに月とスッポンである。

民進党には、危機管理能力は無かった。

「二重国籍問題」が指摘された時、岡田党首も、誰も「説明(国籍証明)責任」を求めなかった。

何の疑問も、何のコメントもなかった・・・。

小池知事のように「立ち止まる」勇気もなかった。

「国籍(離脱)証明は、(鳥越俊太郎の言う「悪魔の証明」と違って、(文書一枚)簡単だった筈である。

もはや、蓮舫氏の問題ではない。民進党全体の問題である。

昨日(9月15日)は、民進党が終わった歴史的な日となってしまった。

それは、民進党の死を意味するし、同時に議会制民主主義の死を意味すると思う。

魂が凍るような寂寥感を、今も感じている。

=================

|

« 「安全神話」の前に、「情報公開」の徹底を!~豊洲新市場問題 | トップページ | 拉致被害者救出の為に、今こそ国民は安倍総理・加藤大臣を中心に結束しよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64210834

この記事へのトラックバック一覧です: 党首に蓮舫氏を選んだ民進党に、魂の凍るような寂寥感を感じている:

« 「安全神話」の前に、「情報公開」の徹底を!~豊洲新市場問題 | トップページ | 拉致被害者救出の為に、今こそ国民は安倍総理・加藤大臣を中心に結束しよう »