« 「二枚舌」蓮舫さんでは、民進党は終焉する・・・ | トップページ | 右手にこん棒、左手に拡声器を!(無法中国への対応) »

2016年8月 8日 (月)

象徴天皇の務めを全身全霊で果たしてこられた天皇陛下

今日はある意味歴史的な日だったと思う。

報道各局は、「お言葉」をコメンテーターが解説していたが、そのまま、自分で素直に受けとめるべきだ。

何度も繰り返し拝聴して、私なりに陛下のお気持ちを理解できたと思っている。

それは、「国民と共に歩む象徴天皇の未来永劫の継続」であろう。

象徴天皇の務めを「全身全霊」で果たしてこられた天皇陛下へ、多くの国民はあらためて敬愛と感謝の気持ちの思いがら、聴いたのではないかと思う。

それは、日本国民であることの誇りでもある。

しかし、「お言葉」を政治的に利用する者もいる。

評論家の田原総一郎氏は、「天皇は護憲論者だ」「安倍自民党の改憲論者とは違う」と、妙な事は言っていた。

憲法を守る(遵法)のは当然の事で、それ故、安倍総理は憲法条項に従って、「憲法改正」を主張しているだけの事。

中韓メデイアの反応は、「天皇自身は生前退位を希望しているが、保守派の一部(安倍総理に近い)は、反対している」と、妙なコメントしている。

まるで、安倍政権と天皇が「対立」してるかのような論評だ。

また、共産党の志位委員長は、「国民的議論が必要」と言っている。

あきらかに、「政治的利用」である。

天皇は、日本の歴史そのものである。

それは本来、憲法や皇室典範を超えた日本国民のアイデンテイテイー(国民統合の象徴)であることから、静粛で慎重な議論をしなければならない。

|

« 「二枚舌」蓮舫さんでは、民進党は終焉する・・・ | トップページ | 右手にこん棒、左手に拡声器を!(無法中国への対応) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64030818

この記事へのトラックバック一覧です: 象徴天皇の務めを全身全霊で果たしてこられた天皇陛下:

« 「二枚舌」蓮舫さんでは、民進党は終焉する・・・ | トップページ | 右手にこん棒、左手に拡声器を!(無法中国への対応) »