« 超党派で支援を受けた小池百合子新都知事 | トップページ | 稲田防衛大臣に期待する! »

2016年8月 3日 (水)

東京都知事選挙の教訓を学べ!(市井の自民党支持者より)

映像が物語る。

小池百合子新都知事の表敬訪問を受けて、都議会議長が次の通り言った。

「知事と議会は車の両輪」(当り前?)

「(知事だけの)一輪車にはならないように」(上から目線?)

ここまでは、表情は硬いが精一杯の「パンチ」のつもりだったのだろう。

だが、議長は、知事との『ツーショット撮影』を、断った。

小池知事は、苦笑しながら、「よろしくお願いします」と頭を下げてその場を去った。

この数秒間を観ると、議長の応対は子供じみて、小池知事が大人である。

今回の東京都知事選挙は、既成政党に対して、「選挙対策」で様々な教訓を与えている。

教訓を学ぶべきである。

まず、自民党東京都連の「選挙対策」が失敗した事である。

「党規違反」→「(家族も含めて)処分」という≪通達≫だが、これは、自民内の論理でしかなく、(自民党支持者も含めて)有権者の反発を招いた。

下村博文元文相は、小池新知事への対応を問われて、次のように答えていた。

「議会としては、是是非非」「党としては(党規違反なのだから)処分は当然」

私は、これを聞いて失望した。

下村博文先生は、尊敬する政治家ではあるが、この辺りの感覚が(自民党政治家に多く)硬直している。

健全な政治感覚を持っている自民党支持者の約半数が、増田氏ではなく小池氏に投票した「事実」を、重く受け止めるべきである。

党規約が大切か?それとも、有権者(就中自民党支持者)が大切か?

言うまでもない事である。

覚悟を持って戦った小池候補が圧勝したのだから、「増田陣営」の敗北を素直に認める事である。

支持を得られず惨敗したのだから、(自民党都連は、土下座してでも・・・)小池新都知事を祝福し、嫌でも有権者の信頼を回復しなければならない。

その位の強かさを持っていなければ、自由民主党とは言えないではないか!

自民党東京都連は、まるで危機感が無い。

政治家・小池百合子氏を称賛し、小池百合子氏に“全面降伏、恭順を示す”ことから、再出発すべきである。

その位しなければ、自民党都連の明日はないと、自民党支持者の私は。思う。

|

« 超党派で支援を受けた小池百合子新都知事 | トップページ | 稲田防衛大臣に期待する! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64005505

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選挙の教訓を学べ!(市井の自民党支持者より):

« 超党派で支援を受けた小池百合子新都知事 | トップページ | 稲田防衛大臣に期待する! »