« ≪漢詩鑑賞≫舟中、元九の詩を読む(白居易) | トップページ | 「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!≪続≫ »

2016年8月23日 (火)

「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!

日中韓の外相会談が、明日東京で開かれる。

主要議題は、‟ならず者国家”北朝鮮対策だという。

だが、間違ってはならない・・・我が国にとっては、尖閣への領海侵犯を繰り返す中国こそが、世界最大の‟ならず者国家”である。

東アジア、東南アジア海洋の軍事基地化を一方的に進めてる中国の傍若無人ぶりは酷い。

「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!

日中韓外相会談では、中国の領海侵犯をこそ議題にすべきだと思う。

だが、岸田外相の説明では、日中の『二国間』会談で、懸念を示すという。

いつも懸念で終わり、中国は(日本の反応を分析し)更にエスカレートする。

この「やり方=二国間協議」は、日本外交にとっては間違いである。

何故なら、日米同盟こそが日本外交の基軸である。

尖閣問題は、国際法の問題ではなく、二国間の問題に矮小化しようとするのが、中国共産党政権の思惑である。

南シナ海でも、そうだ。

中国は、経済力と軍事力を背景に、米国の影響を排除して、『二国間』交渉のみを公認している。

中国には、共通の価値観(民主主義・法治主義・自由・人権)が無いから、「国際協調」という言葉が無い。

岸田外交の此の辺が、釈然としない点である。

「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!

その靴音は、少しずつ確実に大きくなっている。

|

« ≪漢詩鑑賞≫舟中、元九の詩を読む(白居易) | トップページ | 「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!≪続≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64099305

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!:

« ≪漢詩鑑賞≫舟中、元九の詩を読む(白居易) | トップページ | 「戦争の靴音」は、隣国の中国から聞こえている!≪続≫ »