« 今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる | トップページ | 稲田朋美in千葉 »

2016年7月 6日 (水)

「国防の危機」の最中で、平穏な選挙戦

どうやら、自民党都連(石原伸晃会長)は、都知事候補者の推薦決定を参議院選挙後に先送りしたようだ。

小池百合子氏の、「巧み」なマスコミ対策(=小池の乱)に翻弄されているようだ。

私は、小池氏は嫌いだが、さすがに、元ニュースキャスターだけあって、自分がどう映るか知っているようだ。

産経新聞の「小池氏の事務所費」記事に対しては、「陰謀」と匂わせるような会見を開くなどなど、堂々としている。

これでは、産経新聞の勇み足だという印象は拭えない。

参議院選挙の論戦は、「国防の危機」だというのに、全体として退屈なものだ。

何故なら、経済問題では「アベノミクス」を、前に進めるしかなく、今さら民共に舵取りを委ねるという人は、余程の馬鹿でない限りいない。

民進党は、「自民党憲法草案」を否定するが、独自の案を出さないのだから憲法は、争点にはならない。

野党4党が、揃って、「安保法案廃案に!」と言ったところで、掛け声だけで「議論」にすらならない。

日本の安全保障をどう考えるか?という時に、日本共産党と一緒に「安保法案廃棄!」を叫ぶ民進党は、ハテサテどうしたのか?

党首の岡田は勿論だが、保守派と言われた前原・野田らは、何を居眠りしているのだ!

選挙の争点は、何もない。

ただ「改憲勢力で2/3を超えるかどうか?」が注目点となっているだけ。

参議院選挙では、「拉致被害者の救出」は、話題から置き去りにされている。

参議院選挙の論戦は、退屈なものになっている中で、南シナ海と東シナ海での中国の動きは、殆ど報道されない。

中国は、着々とこの海域での「覇権」を拡大している。

この事を、マスコミは報道しない。

「国防の危機」の最中に、あまりにも平穏な選挙戦だ。

☆……☆……☆……☆……☆……☆

|

« 今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる | トップページ | 稲田朋美in千葉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63877097

この記事へのトラックバック一覧です: 「国防の危機」の最中で、平穏な選挙戦:

« 今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる | トップページ | 稲田朋美in千葉 »