« 暑気払いに漢詩~山亭夏日(高駢こうべん) | トップページ | 「国防の危機」の最中で、平穏な選挙戦 »

2016年7月 5日 (火)

今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる

バングラデシュの首都ダッカで、日本人7名が、テロの犠牲になった。

日本人犠牲者を、心から悼む。

卑劣な犯人たちは、イスラム教の『コーラン』の一節を暗唱するよう要求し、出来なかったものを殺害したという。

『コーラン』の一節は、イスラム教徒であれば、5~6歳の子供でも暗唱できるという。

そのことから、(イスラム教徒以外の)異教徒を、「選別」して殺害したという。

「宗教戦争」を前面にした極めてショッキングな内容だ。

某報道によると、日本人犠牲者の一人が「私は日本人だ:」「殺さないでくれ」と叫んだが、瞬時に殺害されたという。

「友好国の日本人だから」は、犯人たちには通用しなかった。

過去、野党などは、「日本(人)が、テロの標的になる」として、「自衛隊の海外派遣」に、的外れな理屈で反対していた。

今回のテロ事件を見ると、ハッキリしたではないか。

「自衛隊」「日本人」とは無関係に、「異教徒」だからという理由で殺害された。

それも、軍事的に無防備の街中のレストランで起こった。

今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる。

それだけに、卑劣・冷酷極まりなく、断じて許すことはできない。

|

« 暑気払いに漢詩~山亭夏日(高駢こうべん) | トップページ | 「国防の危機」の最中で、平穏な選挙戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63871796

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のテロは、殺害相手を「選別」するもので、自爆テロとは異なる:

« 暑気払いに漢詩~山亭夏日(高駢こうべん) | トップページ | 「国防の危機」の最中で、平穏な選挙戦 »