« すぐ其処(南シナ海)にある武力衝突・戦争の危機こそ語るべき | トップページ | 頑張れ、小池百合子! »

2016年7月16日 (土)

鳥越俊太郎氏は、知事には不適格です

都知事選挙は、事実上、三つ巴戦となっているようだ。

参議院選挙の東京都選挙区の得票数(自民党・公明党vs民進党・共産党・社民党・生活の党)を参考にすれば、増田氏と小池氏が保守分裂で割れるので、鳥越俊太郎が優位に見える。

だが、選挙はそう単純に、足し算・引き算では測れないものであるし、候補者の知事としての資質・能力が問われなければならない。

その点、増田氏と小池氏は、資質・能力は優れていて、あとは、キャラクターというか有権者の好き嫌いの問題になるだろう。

しかし、鳥越俊太郎氏は、知事には不適格です。

従って、鳥越氏だけは、都知事になってはいけない人です。

鳥越俊太郎氏の演説を聴いても、石田純一さんと同じレベルで、素人丸出しに感じる。

確かに、「ジャーナリスト」としては有名かも知れないが、左に偏向している。

鳥越氏の問題意識は、政策論争抜きの「反安倍」「反自民」のプロパガンダを特色とする。

これらは、都政の課題ではない。

ジャーナリスト(?)としては、安倍政治の批判、揚げ足取りで、良かったかも知れない。

だが、東京都知事としては、そうはいかない。

悪いが、ハッキリ言わせてもらおう。

鳥越俊太郎が、都知事になれば、それは東京都のみならず日本の恥である。

増田さんか、小池さんのどちらかにしてほしい。

|

« すぐ其処(南シナ海)にある武力衝突・戦争の危機こそ語るべき | トップページ | 頑張れ、小池百合子! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63923728

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥越俊太郎氏は、知事には不適格です:

« すぐ其処(南シナ海)にある武力衝突・戦争の危機こそ語るべき | トップページ | 頑張れ、小池百合子! »