« 問われているのは、候補者じゃなく、有権者なのだ! | トップページ | 真の愛国主義とは何か? »

2016年6月27日 (月)

共産党の本性露呈

昨日の「NHK政治討論」は、各党政策責任者による討論会だった。

テーマは、次の3点あった。

①経済政策(アベノミクス)の是非

②政治とカネ

③憲法と安全保障

公平に見て、「アベノミクスは失敗」とする民進党・山尾氏と共産党・藤井氏は、自民党・稲田政調会長に、(数字を挙げて)完膚なきまでに論破されていた。

見るも無残な姿だった。

他の野党からは、「アベノミクスは、(少なくとも)民主党政権よりはまし」との(第三者)発言があり、社民・生活の2党は、殆ど「議論」にならないレッテル貼りのみだった。

「政治とカネ」の問題では、山尾氏自身が「ガソリン代についていつ説明するのか?」と追及され、シドロモドロだった。

特に、「憲法と安全保障」のテーマでは、稲田氏に「民進党と共産党の違い・・(例えば、自衛隊を違憲とする共産党、自衛隊を合憲とする民進党は違う)」を厳しく指摘されていた。

就中、驚いたのは、共産党の藤井氏が、自衛隊・防衛費を「人を殺す予算」と言った事である。

これは、偶々言い間違えたのではなく、明らかに「戦争法案」と同様、彼ら共産党の脳裏には「自衛隊=人殺し集団」という刷り込み(洗脳)がある。

普段、人前で使っている言葉だから、ヒョイと思わず「発言」したのだろう。

その時、隣の山尾氏はうなずいていたが、さすがに自民・公明の与党と日本の心・和田氏からは、「自衛隊を侮辱するものだ」「撤回を求める」等々発言があった。

藤井氏は、番組内では「撤回」に応じなかったが、その後「不適切」として撤回した。

稲田氏の厳しい追及に、窮したのか・・・これもまた、共産党の本性露呈である。

|

« 問われているのは、候補者じゃなく、有権者なのだ! | トップページ | 真の愛国主義とは何か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63836819

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党の本性露呈:

« 問われているのは、候補者じゃなく、有権者なのだ! | トップページ | 真の愛国主義とは何か? »