« 共産党と「選挙共闘」の時点で、民進党は自壊した | トップページ | 共産党の本性露呈 »

2016年6月23日 (木)

問われているのは、候補者じゃなく、有権者なのだ!

アノ・・・舛添氏を推薦したのは与党(自民党・公明党)だから、「製造者責任がある」というのは、一理ある。

だが、一番の「製造者責任」は、舛添氏に投票した東京都民にある。

東京都民は、その責任を痛感すべきだ。

舛添氏を、(芸能人の人気投票のように・・・)ポスト猪瀬直樹氏の最有力候補にしたのは、東京都民だった。

それ故、与党がそれに追随した。

ところで、参議院選挙が始まったが、街中は静かだ。

各党首の演説をテレビ報道で紹介していた。

与党(自民党・公明党)は、経済政策(アベノミクスの推進)を重点にしている。

一方、野党4党(民進・共産・社民・国民)は、安倍批判に終始している。

一言、感想を言えば、中山恭子先生だけが、「北朝鮮による拉致」「日本の国土を守る」を強調していて感銘を受けた。

中山恭子先生には、頑張って頂きたい。

有権者は果たして・・・誰を、どの政党を選ぶか?

今回の選挙で、問われているのは候補者じゃなく、有権者なのだ。

|

« 共産党と「選挙共闘」の時点で、民進党は自壊した | トップページ | 共産党の本性露呈 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63817854

この記事へのトラックバック一覧です: 問われているのは、候補者じゃなく、有権者なのだ!:

« 共産党と「選挙共闘」の時点で、民進党は自壊した | トップページ | 共産党の本性露呈 »