« ≪漢詩鑑賞≫月下獨酌(李白) | トップページ | 岡田克也は、共産党の傀儡か? »

2016年6月16日 (木)

舛添都知事辞任劇、才余り有りて徳足らず・・・

舛添要一という人物はどのような人物か?

一言で言うならば、「才余り有りて徳足らず」である。

国際政治学者から政治家へ転身した舛添要一氏は、おの才気は余りあるほどである。

だが、徳が不足である。

(答弁の、端端に垣間見える)

学者としての優劣は、その才気による。

だが、政治家としての優劣は、才気に加えて、その徳による。

舛添要一氏は、自ら言う通り、「不徳の致すところ」により東京都知事を辞職したのである。

嗚呼・・・政治家は、才気と徳を兼ね備えることが望ましいのだが・・・。

|

« ≪漢詩鑑賞≫月下獨酌(李白) | トップページ | 岡田克也は、共産党の傀儡か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63787826

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添都知事辞任劇、才余り有りて徳足らず・・・:

« ≪漢詩鑑賞≫月下獨酌(李白) | トップページ | 岡田克也は、共産党の傀儡か? »