« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月22日 (金)

報道の自由と秘密保護は、どちらも大切です!

日本の報道自由度についての世界ランキングが、大幅に下落していることについて、アンチ安倍政権のテレ朝は、取り上げていた。

「世界が日本に対する見方」「安倍政権下の出来事」「報道の自由を阻害する何かがある?」・・・。

玉川という男は、「ハッキリ言わない方が、効果的だ」と・・・薄ら笑いを浮かべて暗示的な言い方をしていた。

報道自由度とは、どのような<物差し>で判定されているのか?よく分からないが、国際的な「記者団」が感じたものが、順位となっていると思う。

それはそれで解明すべきだが、それよりも、日本のマスコミの取り上げ方に問題がある。

菅官房長官は、記者団に答えて「報道の自由を阻害する具体例は、何もない」と答えている。

マスコミも、阻害する具体例があるなら、堂々と出すべきだろう。それをせず、「委縮する」と述べるのは、卑怯な態度である。

昔、マスコミが競って報道した「人質事件」で、犯人にも警察の動きが把握できたという教訓から、そのような場合、報道を「自粛」するようになった。

これは、「自粛」であって、「萎縮」ではない。

野党は、TPP交渉過程で「黒塗り」の紙をかざして、「安倍政権は、情報開示していない」と騒いた。

何で、「交渉過程については、国際間の信義で秘密にする」という事が理解できないんだ!単なる、お馬鹿なパフォーマンスに過ぎない。

野党は、「特定秘密保護法」と絡めて、批判しているが、全く間違っている。

家の中だってファミリースケルトンのように、「他人には知られたくない秘密」がある。

特定秘密保護法は、国家護持の上最低限必要な法である。

報道の自由を阻害するものではない。

つまり、報道の自由と秘密保護は、どちらも大切です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

震災報道で便乗、中国製プロパガンダ~TBS。Nスタ

熊本県の震災報道で、一週間になるが「震災報道」のあり方が、極めて気になる。

それは、現地取材と称して、「現地の救援活動」を妨害していると思える事例があった。報道の名のもとに妨害してはいけないだろう。節度をもって、取材すべきだ。

だが、先程、驚いたのは、TBSのNスタで、次のような報道があった。

≪くまモンがんばれ!中国で広がる支援の輪≫

何のことか?と思えば。

中国人の漫画家(?)がパンダとくまモンが抱き合った絵で、被災地熊本県にエールを送ったという。

これだけなら、「あぁそう」という程度で終わる。

だが、さらに発信源が、『南京記念館』(旧日本軍により30万人虐殺されたという歴史偽造によって、反日運動の拠点とされている)と紹介されていた。

当時の旧日本軍の出身者が熊本県人が多いということから、これを機に「日中友好」の輪が広がるといいですね」という、コメントが紹介されていた。

(中国人は、冷静で寛大であると言わんばかりである

私は、このTBS番組の見識を疑った。

何故、一枚の絵が、「中国で広がる支援の輪」になるのか?

何故、震災報道に便乗して、震災とは何の関係もない「南京大虐殺」という中国製プロパガンダを流さなければならないのか?

今まで、「震災を政争の具にするな!」と思ってきたが、TBSのNスタは、「震災を中国製プロパガンダの具」にしているとしか思えない。

「日中友好」が、既に中国製プロパガンダのひとつであり、TBSは、その日本発信支局ではないか?と疑いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

韓国「慰安婦問題」蒸返しか?

韓国の総選挙で与党セヌリ党がが惨敗した。

パク大統領は、レームダックに陥り、野党の攻勢をかわすため「反日」に舵を切り直すことが言われている。

国民の人気取りのため「反日」にせざるを得ないのが、韓国政権のジレンマである。

これで、韓国の政局は、ますます不安定となる。

「慰安婦問題」を蒸返すことが予想される。

だが、ここは、日本政府として毅然と対応すべきである。「最終的に解決済みである!」と言えばよい。

韓国が「反日」に舵をきれば、90%の日本人は「嫌韓」になるだけで、距離を置けばよいだけだ。

それにしても、韓国社会はどうかしている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

≪漢詩鑑賞≫胡隠君を尋ぬ(高啓・五言絶句)

作者の高啓(こうけい)は、明代の詩人。書は読まざるなし、という博学で史書を好んだという。詩中の胡隠君とあるが、隠君(いんくん)とは、隠者の敬称。胡という姓の隠士である。

☆……☆……☆……☆……☆…・・・☆

胡隠君を尋ぬ   高啓

渡水復渡水  水を渡り復た水を渡り

看花還看花  花を看還た花を看る

春風江上路  春風江上の路

不覚到君家  覚えず君が家に到る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川を渡り、また川を渡り

花を見、また花を見ながら

春風の吹く川沿いの路を

いつのまにやら君の家に来てしまった

==============

「不覚到君家(覚えず君が家に到る)」に込められた作者の熱い思いが伝わってくるようだ。一見夢遊病者のようだが、作者は夢の中で胡隠君に会いにきたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

民進党の政治理念が、まるで解らない

今朝、NHK日曜討論を視たら、民進党を代表して山尾志桜里議員が登場して討論をしていた。

自民党が、小野寺議員だった為、「ガソリン代」問題などでツッコミもなく、「平穏」な討論だった。

山尾氏の議論は、隣の小池議員(共産党)の「論理域」を一歩も出ない・・・低調な、正直「失望」せざるを得ない内容だった。

あのような議論が、民進党を「代表する」ものだとしたら、民進党の存在そのものが問われかねない。

即ち、「何にでも反対する政党」から、その下の「何にでも意味なく野次る・審議拒否する政党(劇団「民進」)」への堕落である。

今の、民進党には、岡田代表以下・・・野党第一党としての責任感が無い。何を言いたいのか?ハッキリしない。つまり、政治理念がハッキリしない。

山尾氏は、「選択的夫婦別姓」論の立場であり、「在日外国人の地方参政権付与」論の立場であることから、民進党の中では、明確に・・・反日左翼である。

民進党内の「保守派」とは、相容れない。共産党や、社民党、小沢一郎の党と似た者同士であり、看板が・・・たまたま「民進党」なだけである、

だが、現在の民進党には、そのような理念よりも、選挙に勝てるか?が関心事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

民進党でも「ブーメラン現象」は変わらない?

民主党の「ブーメラン現象」は有名だったが、党名が民進党になってもその傾向は変わらない。

「ブーメラン現象」とは、政敵に投げ付けた刃が自分に向って飛んでくる事をさす。

民進党の山尾政調会長の高額なガソリン代の疑惑が起きている。

山尾議員は元検察官で、甘利元大臣追及チームで、「秘書の責任は、議員自らの責任」と歯切れがよかったが、自分の事となると人相までもが変わっている。

TPPといえば、外交交渉過程の『議事録』が黒塗りになっている事を、民進党は騒いでいるようだが、黒塗りが何の障害があるのか?単に、騒いでるだけのように思える。

外交交渉過程は、当分秘密にするというのは、国際間の取り決めであり、大切な事は「過程」よりも「合意事項」である。

これは、民主党政権でも同じだったはずである。ところが、民主党政権ではよくて、自民党政権では悪いという批判が多い。

だから、自民党に投げ付けても、ブーメランになって戻って来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

千葉市は何故、朝鮮人学校に補助金を出すのか?即止めよ!

昨日に続いて、私が敬愛する小松崎ふみよし千葉市議の『政策ジャーナル』から抜粋して紹介する。

(12)外国人学校地域交流事業について

(質問)

東京都と同様に朝鮮総連との関係を調査し、補助金の支出に関する基準を明確にできないのか。市民感情として全く理解が得られていない中で、核・ミサイル・拉致問題の解決に向けての一定の進展がなくても支出するのか。

(千葉市の回答)

現段階では支出する考えである。国からの要請が有れば検討する。

(ズバリ!要望)

横浜市では補助金は中止になった。拉致被害者家族会が日本政府の北朝鮮への断固たる経済制裁の姿勢を支持している状況を考えれば、拉致被害者を日本に帰すか、返さないかは金正恩主席の決断のみであり、拉致調査委員会の解散自体に大きな意味はない。

日本としての交渉の窓口を閉ざすわけではないので、間接的に軍事費転用も考えられる。返還交渉を進めるためにも、外国人学校地域交流事業への支出は国民の納得を得られない。まさに千葉市の常識は、日本全体の国民世論から考えても世間の非常識となっている。

以前、日本社会党等が拉致はない、と断言していたような恥をかく可能性がある。今拉致はないという様な事を、言う人は誰もいないはず。福祉予算等を削減している千葉市に、支出の再考を強く求める。

===============

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

映画『ソロモンの偽証』(宮部みゆき原作)と学校現場でのいじめ

この映画は、学校現場でのいじめの問題点を描いた傑作で、全編~後編と続けて観た。

映画を観て、「いじめ」について、考えてみた。

特に、「学校現場でのいじめ」の実態は、どうか?

①「学校現場でのいじめ」については、ほとんど教師も、親も気づいてはいない。つまり、こどもにとって、教師も親も頼りにならない。という事。頼りにならなければ相談もしない。下手に相談しても「説教されて」しまう。

②映画『ソロモンの偽証』は、中学3年生の自殺を契機とするいじめの内容だった。だが、確実に言える事は、「学校現場でのいじめ」は低年齢化しているという事。小学1年生の段階で「いじめ」の芽が出ている。

これが、実態である。

ひとつ言えることは、「学校現場でのいじめ」は無くならない。という事。それを前提としていじめ対策を考えるべきだ。

「いじめ」の芽を初期に発見し、徹底した対策をとるべきだ。その為には、以前良く見られた学校現場の『事なかれ主義』を改める必要がある。

「わが校では、いじめは起きていません」と校長が、誇らしく云うのは「「教育者として鈍感極まりない」というべきである。

教育者として誇りをもっているならば、「わが校では、いじめが○○件起こったが、学校・地域・家庭とも協力してすぐに解決、指導した」と言うべきである。その上で、「いじめは、常に起きるという前提で、親身になってこどもを指導していきたい」と言うべきである。

千葉市議会議員の小松崎ふみよし氏(稲毛区選出)の『政策ジャーナルVOL68』では、いじめについて見識が示されていて共感する事が多い。(以下、抜粋して紹介する)

ズバリ!要望)

いじめを無くすこと自体は現実には困難、様々な方法でいじめを発見、初期対応をし、解消を目指して欲しい。いじめを発見した教員を評価するシステムを確立すべき。対人関係のSNS教育等をしっかり行う必要がある。加配(※県基準に加えて配置)教員の対応が出来ない学校は、地域の方々の協力を得て、授業の見守り等で対応を。

ズバリ!要望)

このインターンの学生を年齢も近いことから、指導はできないまでも問題のある教室の見守りに活用すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »