« 「表現の自由」を歪曲するジャーナリスト達(青木理・大谷明宏・金平茂紀・岸井成格・田原総一郎・鳥越俊太郎) | トップページ | 『報道特集』(TBS)では、高市総務大臣を批判し、「中国、北朝鮮ですら言論の自由を保障している」と発言 »

2016年3月 4日 (金)

最高法規である日本国憲法をこれ以上「放置」することは許されない

民主党の岡田=枝野執行部は、ますます「反自民」「反安倍」色を強めているようだ。

さらに、共産党を含めた野党五党の<選挙共闘>へと発展させようと、企んでいるようだ。

だが、この<企み>は失敗するだろう。

何故なら、国民は既に見切っている。

「反自民」「反安倍」は、単に「自民党が嫌い」「安倍が嫌い」という駄々っ子の主張に過ぎず、それは「政権構想」でも「政策」でもない。

例えば、自民党は、憲法草案を示している。

これに関しては、公明党や自民党の中からも参議院議員選挙の「争点」にしたくないという意見もある。「争点」にするかどうか別にして、全ての党は、草案を示して改憲議論をすべきである。

判断するのは主権者である国民である。

大阪維新の会の片山虎之助議員は、同党の『改憲案』をまとめていると言っていた。良い事である。

だが、民主党は、「(言論の自由がない?)安倍政権の下での憲法改正は許さない」というへ理屈を付けて、「議論すら許さない」と言っている。

世界情勢が大きく変わり、最高法規である日本国憲法を、これ以上「放置」することはゆるされない。

|

« 「表現の自由」を歪曲するジャーナリスト達(青木理・大谷明宏・金平茂紀・岸井成格・田原総一郎・鳥越俊太郎) | トップページ | 『報道特集』(TBS)では、高市総務大臣を批判し、「中国、北朝鮮ですら言論の自由を保障している」と発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63297546

この記事へのトラックバック一覧です: 最高法規である日本国憲法をこれ以上「放置」することは許されない:

« 「表現の自由」を歪曲するジャーナリスト達(青木理・大谷明宏・金平茂紀・岸井成格・田原総一郎・鳥越俊太郎) | トップページ | 『報道特集』(TBS)では、高市総務大臣を批判し、「中国、北朝鮮ですら言論の自由を保障している」と発言 »