« 民主と維新が一緒になっても、政党支持率は5.7%しかない現実 | トップページ | 常識人(マジョリテイ)と、天邪鬼(マイノリテイ) »

2016年3月17日 (木)

日米関係はどうなる?

アメリカの大統領選挙では、共和党では、トランプ氏が他候補をリードしている。

トランプ氏にとっては、日本も中国も(容姿以外にも)区別はつかないようだ。おそらく、日本列島の位置ですら正確ではないだろう。国際政治に関する知識はゼロに近い。

流暢な日本語で活躍している米国人タレントなどはごく少数で、(残念ながら)トランプ氏に限らず、知日家と言える米国人は、極端に少ない。

日本の外交・防衛上の命運は、日米同盟の存在が80%以上である。としたら、米国にとって日本の存在感は、20%以下ではないか?

日本は、(現実として)米国の『核の傘』のもとに安全保障を構築している。私は、米国の『核の傘』が、我が国の国防上、最も合理的で、安全であると考える。

米国も、また公式には、そのように世界戦略を考えている。

以前、民主党政権が、「アメリカの核兵器はいらない」と主張した時、日本は核武装するつもりではないか?と疑われた。

沖縄の米軍基地のちゃぶ台返しをしたのも民主党政権だったから、日米関係は最悪だった時代である。

(民主党政権の主張は、単に「お花畑」の主張でしかないが、その主張で、米国人に信用されなくなったのは事実である。「お花畑」は、米国人には理解できない。)

トランプ氏の「発言」は、米国版「お花畑」である。

日米関係はどうなるか?日米同盟が、揺らぐことがあってはならない。

|

« 民主と維新が一緒になっても、政党支持率は5.7%しかない現実 | トップページ | 常識人(マジョリテイ)と、天邪鬼(マイノリテイ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63356599

この記事へのトラックバック一覧です: 日米関係はどうなる?:

« 民主と維新が一緒になっても、政党支持率は5.7%しかない現実 | トップページ | 常識人(マジョリテイ)と、天邪鬼(マイノリテイ) »