« 反日勢力を主導する日本共産党 | トップページ | 誰も「トランプ氏の躍進?」を予想しなかった~アメリカの大統領選挙 »

2016年2月24日 (水)

反日勢力を主導する日本共産党《続》

日本共産党は、「シロアリ」と譬えた前原氏は、同じ民主党の岡田代表から、「礼儀に反する」と批判された。

此処に、「反共」の前原氏と、「容共」の岡田氏の立場の違いがある。

その違いとは、共産党の本質を見抜いているか、どうか?という違いである。

前原は、共産党の強い京都選挙区としているため、共産党の「計略」は肌で感じていて、それ故「シロアリ」発言に繋がったのだろう。

私は、前原氏の「認識」の方が正しく、「礼儀に反する」とする岡田氏の方が、何も分かっていない間抜けな政治家だと思う。もっと間抜けな政治家は小沢一郎だった。

「(慇懃無礼な)日本共産党に、礼儀を求めるのは間違いである事」は、近代史をみるまでもなく、今現在の中国共産党の「計略」をみればわかる事。

(「平和目的」の人工島に、ミサイル・レーダー基地など着々・・・)

共産主義と、自由主義・民主主義・法治主義・人権の価値観は真逆である。

日本共産党が云う価値観とは次の通り。

「自由主義」とは、反日活動やスパイ活動の「自由」である。

「民主主義」とは、共産党とその支持者が「多数」を得る事である。

「法治主義」とは、憲法を「ご都合主義」で持ち出す事である。

「人権」とは、共産党に反対する人の人権は含まれない。

従って、私は、断言する。

「反共」であることこそが、自由主義・民主主義・法治主義・人権の価値観を守る事である。それは、リベラルではなく、保守派にしか出来ないことである。

|

« 反日勢力を主導する日本共産党 | トップページ | 誰も「トランプ氏の躍進?」を予想しなかった~アメリカの大統領選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63256278

この記事へのトラックバック一覧です: 反日勢力を主導する日本共産党《続》:

« 反日勢力を主導する日本共産党 | トップページ | 誰も「トランプ氏の躍進?」を予想しなかった~アメリカの大統領選挙 »