« ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… | トップページ | 貴殿は、英霊の声を聞いたのか! »

2016年2月 3日 (水)

原爆投下は「人道に対する罪」

広島市の原爆死没者慰霊碑の石碑には、次の様に刻まれている。

安らかに眠ってください

過ちは繰り返しませぬから

私は、以前からこの言葉に疑問を感じている。

「過ち」とは、何か?

「過ち」を、誰が犯したのか?

原爆死没者の慰霊碑だから、当然・・・「過ち」とは原爆投下であり、「過ち」を犯したのは、当時の米国大統領である。

これは、冷厳な事実である。

原爆投下は、『人道に対する罪』であり、一般の戦争とは区別されるべきである。

『人道に対する罪』(crime against humanity)とは、ニュルンベルク裁判で、「国家もしくは集団によって一般の国民に対してなされた謀殺、絶滅を目的とした大量殺人、奴隷化、追放その他の非人道的行為」と規定された犯罪概念である。

原爆投下は、(如何なる目的であれ)紛れもなく「非人道的行為」である。

原爆投下は『人道に対する罪』だと、思う。

ところが、「過ちは繰り返しませぬ」というのでは、「戦争をした日本が悪かった」という事にある。

相変らず、東京裁判史観が、日本人を洗脳しているのである。

我々日本人は、敗戦国・被爆国であっても、日本人の誇りを失ってはならず、事実を無視してまで卑屈になってはならない。

先ずもって、原爆死没者への慰霊をし、(絶対非戦ではなく)戦争抑止のための積極的平和主義のための努力を誓うべきである。

|

« ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… | トップページ | 貴殿は、英霊の声を聞いたのか! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63158452

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下は「人道に対する罪」:

« ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… | トップページ | 貴殿は、英霊の声を聞いたのか! »