« 「政治とカネ」(甘利大臣辞任)より、大事なのは日本経済の今後である! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… »

2016年2月 1日 (月)

内閣支持率アップに焦る、朝日・毎日・民主党・共産党・・・

週末に世論調査があったという。

その結果、安倍内閣の『内閣支持率』が53%だった。

(毎日新聞の調査ですら、このような結果になっていることに、少し驚いた。)

依然、安倍内閣に対する国民の期待が大きいことを示している。

(反面、民主党に対する、国民の失望感を示している)

日曜日のNHK討論では、野党は「甘利問題」の批判をしていたが、論点がズレている。

社民党の吉川幹事長(?)は、安倍総理は「甘利氏を庇うのではなく、解任すべきだった」として、中国の故事『泣いて馬謖を斬る』という話をしていた。

だが、此の例えは間違いである。

馬謖は、諸葛亮の命に反して功を焦り、大敗し、蜀軍の多くの兵力を失った。諸葛亮は、軍律のため「泣いて馬謖を斬った」のである。

だが、甘利大臣はTPP交渉の成就など、日本国の為、国益を守り、貫徹した。

話を戻す・・・。

マスコミ・メデイアは、甘利大臣辞任を「安倍内閣追及」のキッカケにしようとして、世論調査をしたのだが、内閣支持率は下がるどころか逆に上がった。

国民は、マスコミ・メデイアの「政治とカネ」の扇動にも拘わらず、冷静だった。

「週刊誌記事」による「政治とカネ」の追及よりも、日本経済の方が遥かに重要な政治課題なのである。

内閣支持率アップに焦る、朝日・毎日・民主党・共産党の本心が垣間見える。

安倍政権が気を引き締めて、政権運営をして頂き、『雨降って地固まる』となって欲しい。

|

« 「政治とカネ」(甘利大臣辞任)より、大事なのは日本経済の今後である! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63150541

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣支持率アップに焦る、朝日・毎日・民主党・共産党・・・:

« 「政治とカネ」(甘利大臣辞任)より、大事なのは日本経済の今後である! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫蝸牛角上何事をか争う… »