« ≪北朝鮮制裁≫を支持する!≪続≫ | トップページ | あの人は今?もし、民主党の鳩山・管が総理にならなかったら? »

2016年2月14日 (日)

≪北朝鮮制裁≫を支持する!≪続々≫

拉致問題に詳しい“専門家”と言えば、(群を抜いて)西岡力氏と荒木和博氏である。二人は、北朝鮮や朝鮮総連が最も嫌っている人物である。(それは、正しい事の証左である)

これは、ボランテイアとして「北朝鮮による日本人拉致被害者の救出運動」に参加して来た私の実感である。

更に言えば、『拉致被害者家族会』(飯塚会長)は西岡氏と荒木氏に対して、安倍総理と同様の信頼を寄せている。

家族会も、救う会も、目的はただ一つ。

それは、「北朝鮮に拉致されている日本人を、如何にして救出するか」という一点である。制裁が目的でもないし、話し合い・友好など全く論外である。

今朝の『新報道2001』(フジテレビ)では、拓大教授の武貞氏が「専門家」として出演していた。「北朝鮮は、日本を誤解している」「北朝鮮を追いつめ過ぎてはいけない」等という頓珍漢な意見を述べていた。

NHK日曜討論でも、「北朝鮮問題」が話題になっていたが、藤崎(外務省)、遠藤(中国問題)、リ・ジョンウオン(在日)、に加えて武貞氏が「専門家」として出演していた。

マスコミの拉致問題に関する認識には、このような「似非専門家」を登場させることで、むしろ拉致問題の事態が隠されてしまう。

拉致問題に詳しいのは、西岡力氏や荒木和博氏である。

マスコミは“救うという目的から逸脱”した「似非専門家」ではなく、“救う事に全力を尽くす”真摯な「専門家」を番組に登場させるべきである。

|

« ≪北朝鮮制裁≫を支持する!≪続≫ | トップページ | あの人は今?もし、民主党の鳩山・管が総理にならなかったら? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63208752

この記事へのトラックバック一覧です: ≪北朝鮮制裁≫を支持する!≪続々≫:

« ≪北朝鮮制裁≫を支持する!≪続≫ | トップページ | あの人は今?もし、民主党の鳩山・管が総理にならなかったら? »