« 千葉市社会福祉協議会の問題 | トップページ | 相変らずの民主党!(於衆院予算委員会) »

2016年1月 6日 (水)

理想主義者が、戦争・戦禍をもたらす

「人類皆兄弟姉妹」というのは、理想であるが、現実ではない。

理想は、それを追いすぎると、戦争・戦禍をもたらす。

国があるから、戦争が起こるとして、「国境」の廃止を訴えたり、「世界連邦共和国」という子供の様な夢を描く人がいる。

だが、国があるから、戦争が起こるのではない。

戦争は、それを起こそうとする者がいるから起こる。

理想主義者の、「国境の廃止」も、「世界連邦共和国」も、戦争・戦禍の防止のいはならない。

逆に、そのような「理想主義」が原因で、戦争・戦禍をもたらす。

東アジアだけを俯瞰してみると、強国は、日本と中国だが、日本と中国の間には、共通性はない。

統治形態や価値観が違いすぎる。

中国の統治形態は、共産党独裁政権であり、建国の父は毛沢東であり、最も古典的なスローガンは、「銃によって政権が生まれる」(毛沢東語録)というものだが、一方では、プラグマテイズムを堅持している。

だが、中国共産党の伸びしろが無くなってきた。中国13億民の「不満」は、ピークになると、権力者は周辺諸国との「戦争」を仕掛けるのが、常である。

戦争は、それを起こそうとする者と、起こそうとする理由がある。

今の、中国共産党政権は、「戦争」を起こそうとする者と、その理由に満ち満ちているのである。

努々、警戒を怠ってはならない。

|

« 千葉市社会福祉協議会の問題 | トップページ | 相変らずの民主党!(於衆院予算委員会) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/63013537

この記事へのトラックバック一覧です: 理想主義者が、戦争・戦禍をもたらす:

« 千葉市社会福祉協議会の問題 | トップページ | 相変らずの民主党!(於衆院予算委員会) »