« 産経前ソウル支局長無罪~韓国の横暴、独善、豹変・・・ | トップページ | 保守の根幹 »

2015年12月24日 (木)

共産党の方針転換(国会開催式に出席)の欺瞞

私はネエ、何時も思うんだが、この日本に生まれて本当に良かったと思っている。

正確に言えば、天皇を戴く日本に、生まれた事の喜びをである。

昨日の天長節(天皇誕生日)での、陛下の会見の映像を拝見し、ひしと喜びが湧く。

これは、言葉では表せない喜びである。

今日のニュースで、共産党が、国会の開会式に出席するという。

今までは、憲法違反(国事行為に逸脱)という理由で、欠席していた。

だが、「儀礼的・形式的な発言として定着」を理由に方針転換した。

選挙目当ての『現実路線』という?

一方、高い席からお言葉を述べることは、憲法違反(主権在民に反する)とも言っている。

此の共産党のアピールは、極めて欺瞞である。

天皇のお言葉が、憲法違反?という議論は、又,高いところから述べるから、憲法違反?という議論は、全く無意味な議論である。

憲法以前の問題である。

日本の歴史の中で、天皇の存在は、常に特別な存在であり続けた。

超越した存在である。

|

« 産経前ソウル支局長無罪~韓国の横暴、独善、豹変・・・ | トップページ | 保守の根幹 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62931494

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党の方針転換(国会開催式に出席)の欺瞞:

« 産経前ソウル支局長無罪~韓国の横暴、独善、豹変・・・ | トップページ | 保守の根幹 »