« 共産党の方針転換(国会開催式に出席)の欺瞞 | トップページ | 保守の根幹≪続≫ »

2015年12月25日 (金)

保守の根幹

保守とは何か?と問われたら、私は即座に次の様に答える。

保守とは、

わが国の伝統文化を大切にし、家族を大切にし、郷土を想い、国を愛する。

保守とは、

右でも左でもない、日本人の心の真ん中に在る≪魂≫である。

魂であるが故に、それは形ではない。

それが保守の意味である。

昨日のブログで、天皇について言及したが、正に天皇への思いは日本人の魂そのものであって、憲法や制度で論ぜられるものではない。

日本人の心の真ん中に在る≪魂≫が、保守である。

それ故、保守とは、愛国者でもある。

愛国者とは、他国との自尊・独立・共生・協調を意味する。

国を守る武器を手に持ち戦争抑止を図るため、平和外交を優先する。

保守とは、優れて平和主義者なのである。

|

« 共産党の方針転換(国会開催式に出席)の欺瞞 | トップページ | 保守の根幹≪続≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62935154

この記事へのトラックバック一覧です: 保守の根幹:

« 共産党の方針転換(国会開催式に出席)の欺瞞 | トップページ | 保守の根幹≪続≫ »