« ≪漢詩鑑賞≫旅夜懐を書す 杜甫 | トップページ | 安保関連ニュースが消滅(?)した≪続≫ »

2015年10月 6日 (火)

これは朗報!TPP大筋合意、ノーベル賞受賞

喜ぶべきニュースである。
ひとつは、TPP大筋合意のニュース。
TPPは、メリット・デメリットが色々あるが、国益の観点からは遥かにメリットが大きい。
参加国(12ケ国)全ての勝利といえる。
これによって、共通の価値観(自由、民主主義、公正、法の支配)を共有する自由貿易圏が形成される。
もっと言えば、覇権主義の独裁国家中国に対する包囲網であり、“集団的安全保障”にも貢献する国際協調・自由貿易圏がTPPである。
一時はどうなるかと心配したが、甘利大臣は粘り強く頑張ってくれた。
大筋合意に至った背景には、民主党政権に替って自民党政権が誕生したことにある。
特に、積極的平和主義の理念で努力した安倍総理の働きは大きい。
日本という国は、国際世界に貢献する一流国である事を示した。
もう一つは、日本人のノーベル医学・生理学賞の受賞のニュース。
受賞した大村智先生(北里大学)のコメントは素晴らしい。
「細菌は人類に多大な貢献をしてくれる」
「私ではなく、細菌が素晴らしい働きをしてくれた」
さらに、次の様にコメントした。
「(祖母から)人の為になれ、と教えられた」
私はこの言葉を聴いて、忘れかけていた≪教育勅語≫を思い出した。
≪教育勅語≫は、日本人の精神の中に脈々と流れる不偏的な道徳観である。
二つのニュースに共通しているのは、『国際貢献』というキーワードだと思った。
☆☆☆

|

« ≪漢詩鑑賞≫旅夜懐を書す 杜甫 | トップページ | 安保関連ニュースが消滅(?)した≪続≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62420053

この記事へのトラックバック一覧です: これは朗報!TPP大筋合意、ノーベル賞受賞:

« ≪漢詩鑑賞≫旅夜懐を書す 杜甫 | トップページ | 安保関連ニュースが消滅(?)した≪続≫ »