« 「綱領はさておいて」共産党・小池発言に噛みついた公明党議員(今朝のNHK日曜討論より) | トップページ | 米海軍の南シナ海での哨戒活動をどう報道したか? »

2015年10月26日 (月)

日本国憲法を、神格化するな!

野党五党が(内閣改造があった事、TPPの説明などを理由に)国会開催を求めている。

与党は、安倍総理の外交日程がタイトな事を理由に「難しい」と拒否しているが、野党は、開催拒否は「憲法違反」と、反発している。

最近やたらと、野党には〝憲法違反″という主張が多い。

したり顔した「憲法学者」「評論家」がメデイアに登場して、「権力の暴走」を指摘する。

例えば・・・安保法制の時も、国防議論に値する≪対案≫は無く、「戦争反対」「憲法違反」を反対理由にしていた。

野党議員が「憲法違反だ!」と主張している姿は、奇妙であるし、違和感を感じる。

〝日本国憲法の神格化”とも言える。

そもそも憲法に関する認識が、「憲法は権力者を縛るもの」という発想は、階級闘争史観(権力者vs国民)によるものである。

日本国憲法は、GHQが「日本国の(完全なる)武装解除」を意図したものであった。それは、「権力者だけ」の武装解除ではなく、「日本国民すべて」の武装解除が目的だった。

米国は、間もなく「占領政策の誤り」に気付いて、日米安保条約を締結した。

だが、ソ連に北方領土を奪われ、韓国に竹島を奪われ、中国には南西諸島の領海侵犯が繰り返されているが、憲法の平和主義は効力を発揮しない。

「日本国憲法」を良いことに、周辺国は好き勝手に振舞っている。

憲法は、「権力者だけを縛るもの」という理屈は、周辺国(ロシア・中国・韓国・北朝鮮)にとって都合のよい理屈である。

「権力者」だけでなく、「国民」すべてに適用されるのが日本国憲法である。

それに・・・日本国憲法を、神格化すべきではない。

|

« 「綱領はさておいて」共産党・小池発言に噛みついた公明党議員(今朝のNHK日曜討論より) | トップページ | 米海軍の南シナ海での哨戒活動をどう報道したか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62552380

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法を、神格化するな!:

« 「綱領はさておいて」共産党・小池発言に噛みついた公明党議員(今朝のNHK日曜討論より) | トップページ | 米海軍の南シナ海での哨戒活動をどう報道したか? »