« 「一億総活躍社会」へのクレーム? | トップページ | 文化大革命時の紅衛兵と、「戦争反対」「安倍打倒」の学生との類似点 »

2015年10月12日 (月)

中国共産党による膨大なデマ・歴史捏造

歴史とは何か?

英語ではヒストリーという。

歴史を知るには、史料(史実)を理解する事が第一歩であう。即ち、客観的史料を基にして、人の動きを解明する事である。

如何なる国でも、自国を中心とした<国史>がある。当然、<国史>は、神話時代から始まる<国史>を編纂し、民族のアイデンテイテイーを誇示する。

それは、伝聞によって成立する神話も含めて・・・容認すべきであると、私は考える。

だが、基本となる史料が、捏造では全く話にならない。特に、近代における歴史とは、厳密に史料によって論及されるべきである。

だが、中国共産党の場合は、マッタク逆である。

中国にとっては、国家は無く、あるのは中華思想に基づく天下(天下国家)だけである。従って、中国には<国史>というものが存在しない。

中国の歴史は、「(毛沢東が中華人民共和国樹立を宣言した)建国70年」であり、「(ジョージ・ワシントンらが独立宣言した)アメリカ合衆国」よりも短い。

中国にとっては、歴史とは・・・深淵なる「国史」ではなく、中国共産党独裁政権を正当化するためのプロパガンダに過ぎないのである。

中国が喧伝する「南京大虐殺」という膨大なデマ・歴史捏造は、そういう背景から生じる。

|

« 「一億総活躍社会」へのクレーム? | トップページ | 文化大革命時の紅衛兵と、「戦争反対」「安倍打倒」の学生との類似点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62459890

この記事へのトラックバック一覧です: 中国共産党による膨大なデマ・歴史捏造:

« 「一億総活躍社会」へのクレーム? | トップページ | 文化大革命時の紅衛兵と、「戦争反対」「安倍打倒」の学生との類似点 »