« 「拉致」救出国民大集会(9月13日、日比谷公会堂) | トップページ | 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? »

2015年9月15日 (火)

内閣支持率アップ、野党支持率低迷・・・大多数の国民は冷静

『報道ステーション』(テレビ朝日)の古館氏は、プロのアジテーターである。

「憲法違反の安保法制を①」「国民の反対を聴かず②」と、千両役者の様に語る。

間違った事でも、繰り返すと、視聴者には余韻となって残る。

古館氏は、確かに「しゃべり」のプロであるが、話の中味は間違いだらけである。

第一に、「安保法制は憲法違反」という事だが、その理由に「憲法学者の大多数が違憲と言っている」を挙げる。

昨日、参議院特別委員会で、公明党の山口代表が次の様に言っていた。

憲法学者へのアンケート(『ジュリスト』)によれば、自衛隊を違憲だと思う人は6割以上いる。自衛隊が違憲という憲法学者が、「安保法制」を違憲というのはある意味当然である。

さすが、山口代表の≪切り口≫は、分かり易い。

違憲という「学説」はあってもよいが、違憲・合憲を決めるのは最高裁である。間違いないで欲しい。

第二に、「国民が反対」という事だが、私も国民だが・・・安保法制に賛成している。

これは、≪主語≫の使い方が間違っている。「国民が・・・」という主語ではなく、「(我々)朝日が・・・」と、主語を明確すべきだ。最初から、この法案に反対しているのは、『朝日新聞』一派なのである。

国会周辺の、僅か「3万人の戦争反対デモ」で、「国民が・・・」と主語をスリカエてはならない。

世論調査では、安倍内閣の支持率が再びアップした。政党支持率は、自民党がダントツで、野党支持率は低迷したまま。(岡田民主党に、「内閣不信任」を語る資格はない)

また、6割の国民が安保法制の必要性を感じている。

大多数の国民は、冷静である。

|

« 「拉致」救出国民大集会(9月13日、日比谷公会堂) | トップページ | 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62285103

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣支持率アップ、野党支持率低迷・・・大多数の国民は冷静:

« 「拉致」救出国民大集会(9月13日、日比谷公会堂) | トップページ | 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? »