« 内閣支持率アップ、野党支持率低迷・・・大多数の国民は冷静 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化 »

2015年9月16日 (水)

国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは?

安保法制に関する「中央公聴会」に、民主党の推薦で「シールズ」代表という若者が陳述していた。

この若者は、「政治家は、国民の声を聴け!」と、言っていた。

外交・安全保障に深い見識が無い「素人集団」だから、中味が無いのは仕方がない。

それよりも、この「素人集団」(笛太鼓の御囃子集団)を賛美し推薦する民主党の、政党としての見識を疑う。

この若者は、「国民の代表」でもなければ、「若者の代表」でもないのである。

他の陳述人は、国際政治学者と法学者(憲法学者)に二分される。

概ね、安保法制に関しては、国際政治学者は賛成、法学者は反対、と主張する。

双方との、素人ではなくその分野では、頭の良い尊敬すべき学者である。

では、「真逆(賛成・反対)の解答」が何故生じるのか?

その違いとは何か?

国際政治学者の場合は、「外交・安全保障の現状」を優先するも、憲法を無視しているのではない。(異論はあるが、憲法との整合性を意識している)

一方、憲法学者の場合は、純粋に憲法論のみで「反対」を導き出している。(外交・安全保障の現状は完全に無視している)

国際政治と憲法、どちらが優先されるべきか?という問いは愚問である。

どちらも重要である。

だからこそ、「(憲法の枠内で)安全保障体制の整備」という国際政治学者の『賛成論』に私は賛同する。

「外交・安全保障の現状」を無視する憲法学者の『反対論』は、国を亡ぼすしかない。

「日本が危うくなれば、憲法だって意味をなさない」のである。

|

« 内閣支持率アップ、野党支持率低迷・・・大多数の国民は冷静 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62291172

この記事へのトラックバック一覧です: 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは?:

« 内閣支持率アップ、野党支持率低迷・・・大多数の国民は冷静 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化 »