« 民主党の狂気、暴徒化 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続々≫ »

2015年9月18日 (金)

民主党の狂気、暴徒化≪続≫

第2ラウンド(9月17日)は、自民党の粘り勝ち。

民主党の福山哲郎議員らが、「だまし討ち」と大声をあげて鴻池委員長を囲んでいた。

「特別委理事会を“委員会室”で行うのは、ルール違反」という、些細な事で激昂していた。

だが、前夜遅くまで暴徒化した野党議員が≪理事会室≫の出入り口を選挙したことを考えると、鴻池委員長の『判断』は、正しい。

(公開の委員会室で)与野党理事の言い争いをライブで聴くことは、(密室の理事会室で)与野党理事の静止画を見るより、分かり易い。

視聴者の立場から言えば、面白い生中継だ。

委員長席のマイクが入っていたので、野党議員らの怒号が生中継で伝わった。

生中継に気付いて、(視聴者を意識して)福山哲郎議員らの怒号は、トーンダウンした。

実に分かり易い。(笑)

鴻池委員長が開会を宣言すると、間髪入れず福山議員が「委員長不信任動議」を提出した。

午後1時から、「動議」を審議した。

佐藤正久議員が、委員長席に着き、野党(福山哲郎から山本太郎まで)の長い演説を聞いていた。

4時間超マラソン演説を、自民党議員は(野次もなく)ジックリ、辛抱強く(笑)聞いた。

事実上の「総括質疑」であるから、「動議」が否決された後、委員長に復帰した鴻池委員長は、安保法案の採決を行った。

当然、民主党議員は委員長席を囲んだが、佐藤正久議員は小西議員(民主)の空中殺法ダイビングを片手で制止し、鴻池委員長をガードした。

さすが、佐藤正久隊長・・・専守防衛(笑)に徹していた。

これもまた、視聴者の立場から言えば面白い。

これが、第2ラウンドのあらすじである。

これは、強行採決ではないし、採決プロセスにも瑕疵はない。

私には、「民主党の狂気、暴徒化」としか見えない。

前夜、鴻池委員長が(敢えて)理事会室を出て、10メートル先の委員会室に入ろうとしなかったのは、(野党の)女性議員に怪我をさせたくないという配慮からだった。

鴻池委員長の、≪武士道精神≫には感服させられる。

一部メデイアは、「強行採決」などと批判しているが、強行採決などでは、決してないのである。

完全ではないが、審議は一定程度尽くされた。国会として結論をだすべきである。

「民意」「民主主義」云々を云うならば、「一時的な熱情」ではなく、次の選挙まで、そのモチベーションを正しく持続させるべきだ。

反対デモに参加している若者の大半は、(九条派のプロ市民とは違い)日本の将来、子供たちの未来を心配して『立ち上がった人』(愛国者)だと思っている。

だから、日本の将来は明るいと思う。

|

« 民主党の狂気、暴徒化 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続々≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62302621

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の狂気、暴徒化≪続≫:

« 民主党の狂気、暴徒化 | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続々≫ »