« 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ »

2015年9月17日 (木)

民主党の狂気、暴徒化

安保法制を巡る国会の攻防は、国会議員の覚悟が試されている。

「決める組=自民党」vs「絶対阻止組=民主党」という騎馬戦であるが、勝敗の決め手は「安保法案は絶対・・・正しいか?間違っているか?というモチベーションである。

第1ラウンドは、鴻池委員長を取り囲んで「総括質疑」開催を阻止した民主党の圧倒的勝利。

参議院自民党は、「予想外に民主党の抵抗が激しい!」と言っているが、「戦術シュミレーション」が甘かったのではないか?

それとも、「強行採決」という批判を恐れて、民主党との衝突を避けたのか?分からないが「弱腰」に見えた。

ヒゲの佐藤(隊長)議員は、鴻池委員長を専守防衛・孤軍奮闘ガードしていた。

だが、暴徒・民主党に取り囲まれて、自民党議員の応援は無い。

これでは、第1ラウンドの勝敗は明らかである。

一方、岡田民主党は、「あらゆる手段を講じる」として狂気し、暴徒化した。

「国民の支持を受けている」と、錯覚しているようだ。

もっと好きなだけ暴れるがよい!

だが、時が経過する中で、国民は必ず理解し、賛同する。

参議院自民党よ!自信を持って安保法制を議決せよ!

頑張れ、自由民主党!

|

« 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62296737

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の狂気、暴徒化:

« 国際政治学者は賛成、法学者は反対、その違いとは? | トップページ | 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ »