« 「戦争は嫌だ!」と反対デモに参加する高校生に奇怪なものを感じる | トップページ | 民主党の存在意義は何もない »

2015年9月11日 (金)

自衛隊員の勇姿

鬼怒川の堤防が決壊し、茨城県の川沿いの町が大災害に遭った。

逃げ遅れた人は、ベランダや屋根の上で、又は電信柱にしがみついて救助を待っていた。

その姿が、報道ヘリの中継でライブで放映されていた。

不謹慎のようだが、まるでCG映画を見ているようだったが、自衛隊ヘリから隊員が降下し、慎重に、一人ずつ救助していった。

思わず、「頑張れ、もう少し!」と、祈った。

茨城県は、早くから「自衛隊の出動」を要請し、自衛隊は法律に基づいて、災害救助活動を行った。

イザという時に、一番頼りになるのは自衛隊、就中、現場の自衛隊である。

このような場合(災害現場、紛争現場に限らず)、現場の「判断」「指揮命令」に任せるのが最適である。

自衛隊は、日頃から訓練を重ねているからこそ、イザという時にその実力を発揮できるからだ。

言うまでもなく、国民の生命と財産を守る為、自衛隊は存在している。

早く安保法制を成立して欲しいという願いが強まる。

安保法制は、国民の生命と財産を守るためであって、戦争をするための法制ではない。

備えあれば憂いなし・・・(災害や紛争現場に限らず)イザという時の為に訓練を積んで戴きたい。

それ故、安保法制は必要である。

自衛隊員の勇姿を観ながら、心底・・・そう願う。

|

« 「戦争は嫌だ!」と反対デモに参加する高校生に奇怪なものを感じる | トップページ | 民主党の存在意義は何もない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62259257

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊員の勇姿:

« 「戦争は嫌だ!」と反対デモに参加する高校生に奇怪なものを感じる | トップページ | 民主党の存在意義は何もない »