« 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ | トップページ | 安保法制「世論調査」の世論誘導 »

2015年9月19日 (土)

民主党の狂気、暴徒化≪続々≫

安保法案が国会で可決、成立した。

日本の安全保障の法整備では、大きく前進したと言える。

勿論、法律は万能ではないし、是にて「一件落着」ではない。

世界情勢の変化に合わせて、(憲法も含めて)法改正の議論は、立法府に於いて継続するべきである。

今回の、「安保法制」の議論が分かり難いのは、最大野党の民主党に大きな責任がある。

民主党は、安保法制を廃案に追い込むと叫ぶだけで、「対案」提出の努力すら怠った。

女性議員を最前線に配置する「セクハラ作戦」などの、物理的抵抗をした。

国会外の群衆の声は、「戦争反対!」「安倍を倒せ!」という、幼稚で無礼で過激な、声が目立った。

「此処で、声を挙げなければ・・・」という衝動であるが、「小学生と一緒にデモに参加した」という母親の姿を見て、愕然とした。

過激な国会外に煽られて、政治家が激昂し委員長に詰め寄る・・・日本人とは思えぬ様な醜態が、世界中に配信された。

法案成立後、「平和な日本を、子供たちに渡す」と、安倍総理は静かに語った。

その為には、国会の責任は重い。

何れにせよ、これで「終わり」ではない。

|

« 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ | トップページ | 安保法制「世論調査」の世論誘導 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62309095

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の狂気、暴徒化≪続々≫:

« 民主党の狂気、暴徒化≪続≫ | トップページ | 安保法制「世論調査」の世論誘導 »