« ≪漢詩鑑賞≫幽居(韋応物) | トップページ | 自衛隊員の勇姿 »

2015年9月10日 (木)

「戦争は嫌だ!」と反対デモに参加する高校生に奇怪なものを感じる

現在、安保法制反対派の論調は、次の通りだ。

①国民の大多数は、「戦争は嫌だ!」という気持ちだ。

②安保法制が通れば、将来「戦争」「徴兵制」の危険が高まる。

③今、阻止しなければ、将来禍根を残す。

その上で、一部メデイアは「(普通の)ママさんや高校生が反対デモに参加し、声をあげ始めた」と、称賛している。

「戦争は嫌だ!」という気持ちで声をあげるのは、間違いではない。

だが、「戦争は嫌だ!」「憲法違反」というレッテルだけで反対するのは間違いである。

「昔、安保反対!と叫んでデモった学生が、安保条約の条文を読んでいない」と、田原総一郎氏が述懐している。

若者は、動機に於いて常に「純粋」である。だが、冷静さを欠く。

私は、安保法制反対の論調(①②③)については、奇怪なものを感じる。

①「戦争は嫌だ!」という気持ちは、誰も同じだ。大多数が「戦争は嫌だ!」というなら、誰が「戦争を好む少数派は誰か?ハッキリ言うべきだろう。それを曖昧にしたまま、「安倍政権が戦争への扉を開いた」という印象操作を行っている。

②将来「戦争」「徴兵制」の危険が高まる。というは妄言である。これに対しては次の様に言いたい。この様な戯言レベルの反対理由では、「戦争」「徴兵制」の危険が無くならない。

③今阻止しなければ、将来禍根を残す。宮家邦彦氏が、「反対派の人は、今のままの法制で日本が守られると、本当に思っているんでしょうか?」と警鐘を鳴らした。国防・外交で冷静さを欠けばどうなるか?・・・歴史を振り返るべきだ。

|

« ≪漢詩鑑賞≫幽居(韋応物) | トップページ | 自衛隊員の勇姿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62253477

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争は嫌だ!」と反対デモに参加する高校生に奇怪なものを感じる:

« ≪漢詩鑑賞≫幽居(韋応物) | トップページ | 自衛隊員の勇姿 »