« 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い | トップページ | 憶測で批判する野党・民主党 »

2015年8月 6日 (木)

原爆投下の罪は誰にあるのか?

今日は8月6日、広島原爆の日である。

原爆投下は、当時のアメリカ大統領の犯した『大罪』である。

女性・子供を含む一般市民(非戦闘員)を、一瞬にして大量殺戮した。

人道に対する『大罪』である。

ところが、最近メデイア報道を見ているとヘンだ。

あたかも原爆投下は、(戦争を起こした)「日本(軍国主義者)の責任に有るかのごとき」扱いである。

「もう二度と間違いを犯しません(誰が?)」

冗談じゃない!

戦後70年、日本は平和国家の道を歩み、アメリカは最も大切な同盟国である。

これからも、過去の戦争を反省し、平和国家の道を歩むべきである。

だが、原爆投下は、当時のアメリカ大統領の犯した『大罪』であることに変わりはない。

この事実を踏まえたうえで、日本人は未来志向であるべきである。

そういう意味で、鎮魂の祈りをしようと思う。

|

« 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い | トップページ | 憶測で批判する野党・民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62028084

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下の罪は誰にあるのか?:

« 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い | トップページ | 憶測で批判する野党・民主党 »