« 歴史の史料として読む、『終戦の詔書』(昭和20年8月14日) | トップページ | 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い »

2015年8月 4日 (火)

磯崎発言を巡る~野党=左翼マスコミの<言論弾圧(思想弾圧)>

これは、度を越した<言論弾圧≫だと思うんだよ・・・。

昨日、磯崎補佐官が「誤解を与え大変申し訳ない」と謝罪した。

だが、野党からは「ダメ!ダメ!ダメ!」と野次の大声。

事の発端は、(磯崎氏の国会外での)演説である。

野党=左翼マスコミ連合が、「法的安定性は関係ない」という『言葉尻』を捉えた。

そして、「法的安定性を否定した」と歪曲し、決め付けた事に始まる。

「関係ない」事と、「否定した」事は、違う概念である。

と、私は思うんだよ。

だが、磯崎補佐官は、(国会運営を配慮して?)「法的安定性を否定した発言」はしていないが、「誤解を与えたとしたら申し訳ない」として、発言を撤回して謝罪した。

まあ、責任ある政治家としては、理解できるが・・・。

普通なら、これで一件落着である。

だが、野党席からは「ダメ!ダメ!ダメ!」と野次の声。

さらに総理を追及する構えである。

昨夜『報道ステーション』(テレ朝)で、常連「憲法」学者が、次の様に批判していた。

「言葉(尻)」は撤回したが、根本(思想)は何ら変わっていない。

批判するのは自由だが・・・これは、言論弾圧を超えた思想弾圧である。

最低限、「言葉(尻)」に対する批判に留めるべきである。

正に、野党=左翼マスコミの<言論弾圧(思想弾圧)>である。

|

« 歴史の史料として読む、『終戦の詔書』(昭和20年8月14日) | トップページ | 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/62016290

この記事へのトラックバック一覧です: 磯崎発言を巡る~野党=左翼マスコミの<言論弾圧(思想弾圧)>:

« 歴史の史料として読む、『終戦の詔書』(昭和20年8月14日) | トップページ | 佐藤正久(元自衛隊イラク派遣隊長)と小野次郎(元警察官僚)の違い »