« 国会審議では、双方向議論を! | トップページ | 磯崎補佐官の発言、全体の文脈で読む »

2015年7月30日 (木)

平和安保法制か?それとも戦争法案か?

今日も参議院特別委員会の議論を聴いた。

安保法制については、議論が深まりつつある。

参議院に移って、少し様子が変わったようだ。

衆議院で喧騒の中で「採決」された映像ばかり流されれば、国民の目には「審議不十分」と映るかもしれない。

私は、安保法制について理解が深まった。

与党(自民党、公明党)の質問時間が確保されたことと、次世代の党、改革新党などの的確な質問、及び、野党の民主党(福山哲郎は除く)の質問も、イタズラな「審議ストップ」が少なくなったことが理解を深めた理由である。

人によって、平和安保法制か?それとも戦争法案か?両極に分かれる。

戦争法案とする人の中には、様々な誤解がある。

それは、アメリカと一緒に戦争する、子供たちは戦争に駆り出される。といった、誤解と共に、「風評被害」のように広げられる。

「子供・・・」に関しては、森まさこ(自民党)議員が言うと、説得力があるようだ。

夕方、社民党の福島瑞穂の議論を聴いていると、繰り返し繰り返し「風評被害」をまき散らしている。

だが、それでも安倍総理は、粘り強く、丁寧に丁寧に、説明答弁していた。

私は、「平和安保法制に賛成!」と断言できる。

|

« 国会審議では、双方向議論を! | トップページ | 磯崎補佐官の発言、全体の文脈で読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61987049

この記事へのトラックバック一覧です: 平和安保法制か?それとも戦争法案か?:

« 国会審議では、双方向議論を! | トップページ | 磯崎補佐官の発言、全体の文脈で読む »