« 対案提示の維新は○、慎重姿勢のままの民主は× | トップページ | また、韓国が嫌いになったよ! »

2015年7月 5日 (日)

マスコミ権力による言論封殺こそ問題だ!

自民党若手議員が、「(一部マスコミを)懲らしめる」諸々の発言で、マスコミは、「マスコミ批判→言論弾圧」と、総攻撃している。

確かに、自民党若手議員の発言は、「一部マスコミは国を貶める」という事には同感する部分があるが、マスコミの『壁耳=盗聴』の餌食となった。

憲法調査会の船田議員といい、今回の大西議員といい、安倍内閣の足を引いている。

不注意極まりない。

だが一方、「マスコミ批判→言論弾圧」という論調は、これも「言論の自由」「報道の自由」をはき違えている。

「権力者に対する批判は許されて、マスコミに対する批判は許されない」という理屈は成り立たない。

マスコミ・メデイアが、無謬な神の如くふるまう事こそ、我々国民は、批判しなければならない。

ところが、報道番組を観ていると、関係者・コメンテーターを総動員して、「とんでもない発言」などと大合唱である。

誰一人として、「(沖縄二紙など一部の)マスコミ」を批判する人がいない。

報道番組(街の声・・・)で、「自民党は権力を持っているから、マスコミを批判してはいけない」という声を流していた。

だが、これは言論の自由をはき違えた、「マスコミの勝手な自己保身」の理屈だ。

言論で飯を食っているのは、政治家もマスコミも同じだ。

だからこそ、マスコミ権力による言論封殺こそ問題なのである。

|

« 対案提示の維新は○、慎重姿勢のままの民主は× | トップページ | また、韓国が嫌いになったよ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61840307

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ権力による言論封殺こそ問題だ!:

« 対案提示の維新は○、慎重姿勢のままの民主は× | トップページ | また、韓国が嫌いになったよ! »