« 権力とマスコミ~相互批判を保証しなければ、言論の自由は保証されない | トップページ | «漢詩鑑賞»子由の澠池懐旧に和す(蘇軾) »

2015年7月 9日 (木)

安保法制を急げ

維新と民主が、安保法制に関して「共同提案」するそうだ。

この目的は、「独自の案」を通す事より、民主党の思惑に乗っかったと言える。

即ち、時間切れ「廃案」が目的である。

世論調査では、「安保法制に反対」が「賛成」を上回っている事が背景にある。

だが、私は安保法制を急げ!といいたい。

「よく分からない」「慎重に」というのは、反対の理由ではない。

ただ単に、「反対」というだけ。

あの緊縮財政に「NO!」を突きつけたギリシャ国民と同じである。

安保法制を急ぐべきだ!断固として!

少なくとも、これが今国会で成立しなければ、同盟の最大のパートナーである米国の信頼を「裏切る」ことになる。

恐ろしいことだ。

政治家なら、そのような現実を直視すべきだ。

|

« 権力とマスコミ~相互批判を保証しなければ、言論の自由は保証されない | トップページ | «漢詩鑑賞»子由の澠池懐旧に和す(蘇軾) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61861497

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制を急げ:

« 権力とマスコミ~相互批判を保証しなければ、言論の自由は保証されない | トップページ | «漢詩鑑賞»子由の澠池懐旧に和す(蘇軾) »