« 韓国は小事、中国は大事 | トップページ | 憲法学者の「学説」では、日本を守れない! »

2015年6月 5日 (金)

後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い!

今朝の『とくダネ』(フジTV)の小さなニュースである。

民主党の後藤祐一議員が、タクシーの運転手に「(お釣りをもらう)法的根拠を示せ」などと言って、泥酔の上からんで警官が駆け付けたという。

番組では、「泥酔していても、(法的根拠を示せとは)さすがは東大法学部卒だ」と、皮肉を込めて紹介していた。

民主党の「処分」は、1年間の飲酒禁止だという。

別に禁酒は必要ないし、お酒は好きなだけ飲んだらよろしいではないか。

民主党も、「未成年者に対する処分」で、済ますことではない。

何故なら、それは、後藤議員のエキセントリックな人柄から発生したことで、(発言内容は)酒とは関係ない。

これは、酔った上での「事件」ではなく、後藤祐一議員ならシラフでも「法的根拠を示せ」と言っても不思議ではない。

誰か、「(お釣りをもらう法的根拠」について、教えて欲しい。

先の『衆議院特別委員会』でも、後藤氏の質疑を観ていると、言いがかり・傲慢な態度ばかりが目立っていた。

この時は、後藤氏は、おそらくシラフだっただろう。

私のブログでも書いたが、「(お釣りの)法的根拠」と似たような「質問」で、安倍総理もウンザリしていた。

答えようがないものばかりだったからだ。

一言でいうと、次の通りである。

後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い!

それが、率直な感想である。

|

« 韓国は小事、中国は大事 | トップページ | 憲法学者の「学説」では、日本を守れない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61697663

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い!:

« 韓国は小事、中国は大事 | トップページ | 憲法学者の「学説」では、日本を守れない! »