« 衆議院予算委員会 | トップページ | 日韓外相会談 »

2015年6月20日 (土)

民主党は、共産党の亜流となった

最近の民主党は、酷いねえ。

どう見たって共産党の亜流でしかない。

「説明不十分」「強行採決反対」という陳腐なスローガンを掲げ、暴力的に審議拒否をするばかり。

安保法制について、学者の「違憲論」に沿って安倍政権を批判するだけ。

民主党には、政治家としての矜持も理念もない。

小生意気な枝野幹事長は、「(高村副総裁を批判し)大学で憲法を学び直せ」と言った。

そういう枝野こそ、「高校社会の学習内容(=憲法の番人は最高裁)」を学び直すべきだ。

その点、橋下徹大阪市長は、さすがだネエ。

維新の党の安保法制「対案」を、「政府与党案にケチつけるだけ」「こんなのは対案とは言えない」と、執行部を批判した。

安倍総理との会談内容は分からない。

だが、二人は紛れもなく日本の将来を考える愛国者である。

「安倍=橋下会談」は日本にとって歴史的な会談となった。

松野代表は、「民主党との共闘」「野党再編」などというケチな事を考えず、是々非々の王道を歩むのが正しい選択肢だ。

共産党=民主党とは、一線を画すべきだ。

|

« 衆議院予算委員会 | トップページ | 日韓外相会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61768736

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は、共産党の亜流となった:

« 衆議院予算委員会 | トップページ | 日韓外相会談 »