« 後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い! | トップページ | 軍事力バランスの回復で、日本を守れ! »

2015年6月 6日 (土)

憲法学者の「学説」では、日本を守れない!

衆院憲法調査会(4日)でのニュース。

憲法学者が、安全保障関連法案を、「憲法違反」と指摘した。

長谷部恭男・早大教授(自民党推薦)、小林節・慶大教授(民主党推薦)、笹田英司・早大教授(維新推薦)・・・皆、著名な学者である。

夫々、「憲法違反」「9条2項違反」「憲法との整合性を踏み越えた」などと指摘した。

野党は、思わぬ「敵失」で勢いづいているという。

自民党内では、「人選」を誤った船田元氏への批判が強まっている。

船田元氏は、浮世離れしたボンボン議員だ。

「学究肌」の政治家であるが、日本の安全防衛を守るべき政治家としては、不適格だ。

そもそも、憲法学者が日本を守っているわけではない。

国防に関して何の責任もないのである。

仮に、「安保法制=違憲」の疑義があるとしても、法理論的には緊急避難である。

憲法よりも、自衛権(=現実的な危機回避)が優先される!という事だ。

本末転倒な議論が横行している。

憲法調査会の呑気な議論で、日本は守れない!

|

« 後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い! | トップページ | 軍事力バランスの回復で、日本を守れ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61702057

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法学者の「学説」では、日本を守れない!:

« 後藤祐一議員(民主党)は、好き嫌いで言えば大嫌い! | トップページ | 軍事力バランスの回復で、日本を守れ! »