« 菅官房長官「韓国国会は非礼・・・」に拍手! | トップページ | 拉致被害者を救うためなら、日本政府による「超法規的行動」を支持する »

2015年5月16日 (土)

大阪都構想の是非、明日決着

明日、投票日だが、投票率が高くなりそうだ。

もし投票率が70%を超えれば、橋下徹氏のいわゆる政治手法が功を奏したと言える。

大阪都構想は、橋下徹氏個人の執念である。

それ故、戦いは橋下徹vs既成政党の様相である。

理由は、(既成政党のライバルは維新の会という)大阪の選挙事情がある。

自民党大阪府連は共産党と共闘を組んでいるのもその為。

官房長官は不快感を示し、党幹事長はシンパシーを示している。

自民党は一枚岩ではない。

私は、大阪都構想に賛成だ。橋下氏の手法に賛同する。わかり易いからだ。

大いにやったら良い。

だが、維新の党と言っても、民主党などと「連携」を模索する江田氏ではダメ。

要するに、「選挙」「保身」しか考えない政治家はダメ。

橋下徹さん自身が、国政に参加し、憲法改正に拍車をかけてほしい。

|

« 菅官房長官「韓国国会は非礼・・・」に拍手! | トップページ | 拉致被害者を救うためなら、日本政府による「超法規的行動」を支持する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61599079

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪都構想の是非、明日決着:

« 菅官房長官「韓国国会は非礼・・・」に拍手! | トップページ | 拉致被害者を救うためなら、日本政府による「超法規的行動」を支持する »