« 将来の「ポスト安倍」に、政治家・橋下徹の復活を望む | トップページ | 衆議院特別委員会(続) »

2015年5月28日 (木)

衆議院特別委員会

昨日・今日と、衆議院特別委員会(NHKテレビ中継)を観た。

朝から晩まで、2日間、ほとんどの質疑を観たので、かなり勉強になった。

特に、初日の高村先生(自民党)の質疑は勉強になった。

私は、ほとんど法案の中味は、それなり理解したつもりでいる。

「平和と安全に関する法案」とは、現実的な『自衛のための法案』である。

江田憲司氏のいうような『純粋法理論』の問題ではない。

「備えあれば憂いなし」という問題である。

江田氏は、「才能に溺れ」て、迷路に陥っているように思える。

野党の議員から、「丁寧な説明が必要だ」という批判があった。

だが、そう言いながら、安倍総理が「新三要件」などの「前提」に及ぶと、話を遮るように「話が長い」と非難していた。

野党の話は、矛盾している。

安倍総理としては、「文脈を省略すると、正確に伝わらない」という気持ちがあったのだろう。

大切な個所の『説明』については、少しくらい我慢して正確に聞くべきである。

太田(女)議員が、「国民が理解していない」と言った。

私は、腹の中で呟いた。

「バカヤロー、お前さんが理解できないだけで、国民が理解していない・・・などと言うな!」

「この法案は、一部野党が、「戦争法案」と呼んでいる。

名称(レッテル)などは、どうでもよい。

中味が、「日本国民の平和で安全な生活を守るための自衛法案」であるべきだ。

今後も、国会の議論を注視したい。

|

« 将来の「ポスト安倍」に、政治家・橋下徹の復活を望む | トップページ | 衆議院特別委員会(続) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61659725

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院特別委員会:

« 将来の「ポスト安倍」に、政治家・橋下徹の復活を望む | トップページ | 衆議院特別委員会(続) »