« 原発の新たな「神話」«続» | トップページ | 民主党の存在意義? »

2015年4月21日 (火)

中韓&反日マスコミによる、『首相談話』への執拗な干渉~言論統制

戦後70年を節目とする『首相談話』が取り沙汰されている。

「侵略」「植民地支配」「痛切な反省」などの文言が、『首相談話』に挿入されるかどうか?である。

主に、中韓のプロパガンダに呼応するかのように、日本の反日マスコミが騒ぎ立てているのである。

だが、普通に考えれば、簡単な事である。

総理大臣の談話なのだから、安倍総理自身が自らの考えを、自らの言葉で語れば良い。

『首相談話』に、異論があるなら、堂々と、反論すれば良い。

それだけの事である。

事前に、談話の中身について執拗に干渉するのは、マスコミによる『言論統制』である。

|

« 原発の新たな「神話」«続» | トップページ | 民主党の存在意義? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61473981

この記事へのトラックバック一覧です: 中韓&反日マスコミによる、『首相談話』への執拗な干渉~言論統制:

« 原発の新たな「神話」«続» | トップページ | 民主党の存在意義? »