« 辺野古が絶対ダメ!なら「対案」があるのか? | トップページ | 盛り上がりのない統一地方選挙 »

2015年3月30日 (月)

『時事放談』(TBS)の最悪ゲスト=野中広務

日曜日の朝に放映される『時事放談』(TBS)は、ついつい観てしまう。

そして、必ず後味の悪さで「後悔」してしまう。

出演者は、大半が安倍政権批判グループである。稀に、自民党であってもリベラル派であり保守派はいない。

司会の御厨氏が、訊く形で進めるのだが、最初から結論ありきの問答である。

TBSの番組は、ドラマ(『とんび』の再放送)などは面白いが、政治報道番組はほとんど偏向している。

昨日の『時事放談』は最悪の野中広務氏と、野中の子分・古賀誠氏だった。

野中氏は、大物ぶるところがあり傲慢である。

その主張は犬の卒倒(ワンパターン)で・・・「戦争を知っている私だから警鐘を鳴らす」と言ったもの。

聴いていると、「安倍政権は戦争への道を進んでる」などと、共産党の主張とソックリである。(批判するのも馬鹿馬鹿しいからやめるが・・・)

『時事放談』の野中氏には、ウンザリである。

|

« 辺野古が絶対ダメ!なら「対案」があるのか? | トップページ | 盛り上がりのない統一地方選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61359822

この記事へのトラックバック一覧です: 『時事放談』(TBS)の最悪ゲスト=野中広務:

« 辺野古が絶対ダメ!なら「対案」があるのか? | トップページ | 盛り上がりのない統一地方選挙 »