« 未だ覚めず池塘春草の夢 | トップページ | 乃木希典の漢詩 »

2015年3月 5日 (木)

韓国の時代劇ドラマにみる小中華思想

韓国の長編時代劇ドラマは面白い。

『トンイ』『ホジュン』『イサン』・・・と、色々観たが、面白かった。現在は、TVで『トンイ』を毎朝観ている。筋書きは分かっていてもついつい観てしまう。(笑)

ドラマの背景には、朝鮮王朝内部の権力闘争がある。

即ち、常に王様が正義である。現代・韓国から見た「(主観的な)朝鮮の歴史」が垣間見える。

主観的な朝鮮の歴史とは何か?

それは、小中華思想に根ざしている。

中華思想とは、漢民族が宇宙の中心であるという考えである。

周辺の国は、東は東夷、北は北狄、西は西戎、南は南蛮と呼んで蔑んだ。

中国の東側にある日本は「東夷」であり、朝鮮は「朝貢国」(中国王朝の属国)であるが「東夷」ではない。

一方、韓国・朝鮮の人々にとって、中国は常に怖い存在で歴史的に「面従違背」の姿勢をとっていた。

日本(倭国)に対しては、敵と見なしているが、中国王朝に対しては、身の危険があるため敵とは呼ばない。

韓国の時代劇ドラマを見ると、敵を表現するに「夷狄(東夷・北狄)」は出てくるが「西戎」「南蛮」は、出てこない。

これが、韓国・朝鮮の人々の持つ『小中華思想』である。

そういう背景を踏まえて、韓国の長編時代劇ドラマを見ると実に面白い。

|

« 未だ覚めず池塘春草の夢 | トップページ | 乃木希典の漢詩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61234233

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の時代劇ドラマにみる小中華思想:

« 未だ覚めず池塘春草の夢 | トップページ | 乃木希典の漢詩 »