« 憲法改正が正しい選択 | トップページ | 『時事放談』(TBS)の最悪ゲスト=野中広務 »

2015年3月29日 (日)

辺野古が絶対ダメ!なら「対案」があるのか?

沖縄の知事が、どんなに偉くとも、多数の「民意」の後押しがあろうとも、普天間の代替基地として、辺野古以外に案があるのか?

辺野古が絶対ダメ!というなら、どこか代替案があるのか?

あのルーピー鳩山由紀夫が、「最低でも県外」と言ってから沖縄の「民意」の迷走が始まった。

何年経っても、辺野古以外には、代替案が見当たらない。

代替案がないのに、辺野古は絶対ダメ!というのは、いかに沖縄の民意としても無責任すぎる。

また、“沖縄差別”と煽るマスコミも無責任だ。

これは、米国との信頼、並びに国防に関することで沖縄のその時々の「民意」で決めることではない。

菅官房長官の言うように、粛々と辺野古で進めるべきである。

良識ある多くの国民は、安倍総理が毅然として進めることを望んでいる。

|

« 憲法改正が正しい選択 | トップページ | 『時事放談』(TBS)の最悪ゲスト=野中広務 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61357542

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古が絶対ダメ!なら「対案」があるのか?:

« 憲法改正が正しい選択 | トップページ | 『時事放談』(TBS)の最悪ゲスト=野中広務 »