« 善悪全ての源泉は、自民党に在り | トップページ | NHK会長の私的車代が予算委員会で取り上げる問題か? »

2015年3月16日 (月)

小川敏夫議員(民主党)の低レベル質問

午前中は、参院予算委員会の質疑を観ていた。

羽田議員(民主党)の後に質問に立った小川敏夫議員の質問が、あまりにも低レベルなのには驚いた。

政策的な提言はなく、終始「揚げ足取り」のようなレッテル貼りである。

小川氏は次のように言っていた。

街角で「景気回復の実感があるか?」と聴けば、5人中4人が「ない」と答える。これが、正しい「国民の声(世論)だ」・・・。

「アベノミクスで生活は苦しくなった」という短絡的な決め付けである。

5人をサンプルにする「世論」なんて聞いたことがない。

安倍総理が、以前『ニュース23』(TBS)の示す「世論」に対して、「実感がある」という人もいるので、「公平に報道してほしい」とクレームをつけた。

このことに関して・・・総理が言えば、「メデイアが委縮し、公平な放送ができない」と小川氏はいう。

だが、この程度のクレームに反論もせず「委縮する」というのでは、メデイアの「ジャーナリズム放棄」である。

メデイアも、小川氏もどうかしている。

再三の・・・「景気回復の実感がない」という決め付けに対して、甘利大臣が次のように言った。

「そもそも、景気回復の実感があるか?と民主党政権の時に調査したら、安倍政権の今より,゛実感がある″は少ないだろう」「少しずつだが、安倍政権で回復しているのは事実だ」

小川氏は、痛いところを突かれ、言葉を濁していた。

野党だから、安倍政権への批判は良いとしても、為にする議論はやめるべきだ。

全く、低レベル質問である。

|

« 善悪全ての源泉は、自民党に在り | トップページ | NHK会長の私的車代が予算委員会で取り上げる問題か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/61290025

この記事へのトラックバック一覧です: 小川敏夫議員(民主党)の低レベル質問:

« 善悪全ての源泉は、自民党に在り | トップページ | NHK会長の私的車代が予算委員会で取り上げる問題か? »