« 朝日新聞は反日プロパガンダ機関 | トップページ | 土井たか子氏の死去に思う »

2014年9月20日 (土)

拉致被害者救出の三原則(①即時②無条件③全員)を貫け!

20130702_1121522300x211

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆盗人猛々しい・・・

9月上旬までの予定(?)だった“日本人拉致被害者の調査報告”が、「初期段階」という理由で延期になった。

北朝鮮側のソン・イルホ大使は「調査報告の準備は出来ている」「聴きたければピョンヤンに来い」と言うものだ。

盗人猛々しい・・・不誠実な北の対応に怒りがこみあがる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆三原則を貫け!

言うまでもなく、次の三原則で一致している。

①即時(段階的にではなく、今すぐ) 

②無条件(本人の意思確認は北朝鮮ではダメ!)

③全員(拉致認定の有無に無関係!)

これ(①即時、②無条件、③全員)は、拉致被害者家族と日本政府、そして多くの日本国民の一致した方針である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆北朝鮮の代弁か?

これに対して、今朝の『あさチャン!サタデー』(TBS)は、何だ!

まるで、北朝鮮の思惑を代弁しているかのようなコメントだ。

「北朝鮮の“小出し”の調査報告に対して、日本側は”少しだけ”制裁解除すべきだ」「少しでも交渉を前へ進めるべきだ」云々・・・。

他の番組でも、「山谷大臣は、北朝鮮に行って交渉すべきではないか?」というコメントに対して、家族会の増元事務局長は、「その必要はない!」とキッパリ言っていた。(その通りだ!)

拉致被害者救出の三原則(①即時②無条件③全員)を貫け!

北がいつまでも不誠実な対応をとるならば、“日本国民の怒り”を込めて制裁を強化すべきである。

=====================

|

« 朝日新聞は反日プロパガンダ機関 | トップページ | 土井たか子氏の死去に思う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/60344439

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者救出の三原則(①即時②無条件③全員)を貫け!:

« 朝日新聞は反日プロパガンダ機関 | トップページ | 土井たか子氏の死去に思う »