« 「新三要件」は、長文読解の難問 | トップページ | 朝日新聞は≪A級国賊≫! »

2014年7月28日 (月)

「いわれなき誹謗中傷、慰安婦問題に断固反論し日本の名誉守る」(稲田朋美行革担当相)

Th5xkukora

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ウソも百回言えば「真実」になる

27日開かれた九州「正論」懇話会講演会で、稲田朋美行革担当相は、『道義国家を目指して』と題して、次のように語った。

「いわれなき誹謗中傷、慰安婦問題に断固反論し日本の名誉を守る」

全くその通りである。

「反論」しない限り、ウソも百回言えば「真実」になる・・・それが国際社会現実である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆舛添都知事の韓国訪問(?)

先日、舛添都知事は、韓国を訪問し、大統領と会見した事で得意げになっていた。

「日韓関係の改善になれば・・・」と喜々として自画自賛していた。

だが、朴大統領からは「正しい歴史認識を持たなければならない」「(慰安婦問題に)謙虚な謝罪がない」と、安倍政権を批判する(従来通りの)言葉が返された。

菅官房長官は、礼儀上・・・「舛添都知事の(都市)外交努力」を賛美したが、果たしてそうか?私はそうは思わない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆反論しなければ、認めた事になる

何の事はない、舛添都知事は、「安倍総理に伝える」と答えただけで一つの反論もしていない。

朴大統領のご機嫌を伺うだけの・・・単なる「メッセンジャー・ボーイ」でしかない。

都知事と言えば、「外交は専権事項ではない」としても、国際的に見れば「日本を代表する政治家」のひとりである。影響力は大きい。

その・・・舛添都知事が、一つの「反論」もしないということは、韓国の流布するデマを、認めた事になる。

せめて・・・「その考えには、同意できない!」「首脳会談に前提条件をつけるべきではない!」くらいの事は言うべきである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆歴史認識は、全く違う

過去の戦争(大東亜戦争)については謙虚に振り返り、教訓とすべき事はあるが、一方的な『東京裁判史観(戦勝国が敗戦国を裁く、国際法無視の遡及適用)』では、歴史の教訓を得られないのである。

(当然ながら)歴史認識は、日韓では全く違う。

また韓国の流布する「慰安婦問題」とは、デマである。

「日本の官憲が、20万人の慰安婦を強制連行し、性奴隷(セックス・スレイブ)にした」というのが、「慰安婦」デマの中心である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆いわれなき誹謗中傷・慰安婦問題に断固反対し日本の名誉を守る(稲田朋美行革担当相)

話を戻すが・・・稲田朋美大臣の講演内容に、同感である。

「慰安婦問題」とは、「過去」の問題ではなく、「現代」に繋がる問題である。

韓国は、米国グランデール市に「慰安婦像」を設置し、その石碑には「強制連行」「性奴隷」などのデマが刻まれている。

このようなデマで、日本人として“苦しい思い”をしているのは、「現代」の、特に海外在住の日本の子供たちである。

デマには断固反論し、日本の名誉を守るべきである。

======================

|

« 「新三要件」は、長文読解の難問 | トップページ | 朝日新聞は≪A級国賊≫! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/60057006

この記事へのトラックバック一覧です: 「いわれなき誹謗中傷、慰安婦問題に断固反論し日本の名誉守る」(稲田朋美行革担当相):

« 「新三要件」は、長文読解の難問 | トップページ | 朝日新聞は≪A級国賊≫! »